マイヒーリングラブ31話32話あらすじネタバレ!ついに疑いから確信へ?

韓国ドラマ「マイヒーリングラブ」の第31話と32話について、あらすじやネタバレ有りの感想をまとめています。

33年前のチユの失踪に関わる人物が誰なのか明らかになってきましたが、ソンジュは真実を知っているのでしょうか…。

ドラマ放送を見逃した方や、テレビを視聴して共感されたい方に、わかりやすく解説しています。

マイヒーリングラブ第31話のあらすじやネタバレ感想は?

マイヒーリングラブ 第31話

▼マイヒーリングラブ各話のあらすじネタバレはこちらからご覧になれます

【マイヒーリングラブ 目次⇒】

マイヒーリングラブあらすじやネタバレのまとめ1話〜最終話まで全話!

 

【チウ(チユ/コンジュは愛称)】ドラマのヒロイン

相談したいことがあったが、ワンスンが家に帰ってこないので待っていた、とチウは言いました。

チウは耐えきれない事実を知って頭が混乱していると、近しい人が自分を騙していたのでどうしたらいいか、ワンスンに言いました。

すると、イボクが部屋にはいってきて、たとえどんな事実でも許してあげなさいと言いました。

 

チウは龍仁市場で女性(ソンジュ)から突き放された時のことを思い出してしまいました。

ソンジュがチウにメールで連絡をすると何事もなかったかのようにいつもどおりに接していたので、このまま思い通りにはさせない、とチウは決心しました。

ソンジュに会って、「よくも平然としていられるのね。」というと、ソンジュは「これまでの誤解が解けるようにしてきた。」と言いました。

すると、ヒョシルが二人の話を聞いてしまい、「誤解とはどういうことなの?」とたずねるとソンジュはチウの夫ワンスンに話題をそらしてしまいました。

 

チウは、ハンスグループのイベントにヒョシルと一緒に出かけました

会社のイベントに参加すると、チウはソンジュと親子のペアルックを着てみないかと司会に社員に声をかけられてステージに上りました。

親子ペアルックを着てステージに上っても、チウの表情はすぐれませんでした。

 

その後チウは、祖母ヒョシルに母ソンジュと二人だけで夕食したいと頼みました。

ソンジュは3人で食事にいこうと言うと、ヒョシルが許してくれました。

チウは、「私がいなければ、子供が幸せに暮らせるの?」とソンジュに言いました。

病院に連れて行かれて、私の記憶が間違っていたことにするつもりなのか、とチウがたずねました。

 

さらに「おばあちゃんのためにすべてを話す。」とチウ。

するとソンジュは、「そうよ、私よ、魔が差した。」と言いました。

「5歳の子供が家族を失ってどれほど苦しんだのか。」とチウがたずねました。

ソンジュは、「魔が差したけれど、その後必死に行方を探した。」と言いました。

チウは「事実を包み隠さず話したら、家を出るようにして欲しい。」とソンジュに言いました。

「無理よ!そんな事はできない。私を信じて、33年間あなたを探してきて、何度も現場に行って探した。」とソンジュは言いました。

 

「私の前で被害者ぶるのはやめてほしい。」とチウがいうと、

「私が悪かった、全て私のせいだ。」と言いました。

「この罪は必ず償うから、一度だけ許してほしい。」と涙を流して頼みました。

「私が与えた機会を不意にしたのはあなたよ。」と言ってチウは店を立ち去りました。

 

「チユこの通りよ、許してほしい、ジンユとイユに知らせないでほしい。」とソンジュはチウにすがって頼みました。

「家を出るから、ジンユとイユだけには言わないでほしい。」とソンジュはひざまずいてチウに頼みました。

 

その後チウは、友人ソニに連絡をすると、チウの元気のない様子をソニが心配しました。

ソニに自分の今住んでいる家のことを「いい家」と言われたけれど、どこにも行き場がなくてここにいるのにとチユはコンビニの前で思いました。

 

【ジンユ】ハンスグループの御曹司

龍仁市場で探している人物は二人に絞られたので、ジンユが実際に行って会ってみると警察に話しました。

ハンスグループで養護施設にボランティアのために訪問に行きました。

ジンユは、当時DNA検査では代理登録は受け付けなかったと刑事に言われました。

 

父ジェハクのDNA検査は科捜研に登録されていなかったから、そもそも預けらていなかったことを知りました。

10年前に捜索願を出して、父ジェハクのDNA検体を警察に提出することになった時に、妻のソンジュが検体を届けたことになっていました。

しかし、検体は本人が登録しなければならないので代理登録はなかったため、刑事はソンジュの思い違いではないかと話しました。

 

ジンユはボランティアで子どもたちと接していると、施設の子供のホヨンが不思議な遊びをしていることに気づきました。

ジンユがホヨンに何をしているのかたずねると、歯磨きの検査をして遊んでいると話しました。

ホヨンは、友だちの口の中に綿棒を入れる真似をして遊んでいました。

すると「天使の奥様に言われた。」とホヨンはジンユに言いました。

ソンジュが歯磨きをちゃんとしているか検査をするので、口を開けるようにホヨンに言いました。

 

その後ジンユは、チウの養母サムスクが龍仁市場(ヨンイン)で見かけた女性は若い女性だったということを思い出したのでした。

ジェハクが10年前にDNA検体をソンジュが代わりに警察に提出したということも考えていました。

(ソンジュが33年前に市場にいたことを証人に偽証するように頼んでいたこと。

ジェハクのDNA検体がすり替えられたことにソンジュが関与しているかもしれないこと。

ジンユは、ソンジュが関わっていると疑いから確信に変わってきた。

 

ジンユは龍仁市場に行って、元女性配達員で現在はスーパーの店主をたずねにスーパーへ行きました。

女性は写真(ソンジュの若い頃の写真)を見せられても知らないと言えば、2倍の価格でこの店で買うと言われたと店員が話していました。

その話をジンユが聞いて、たずねてきた女性はこの人かとソンジュの写真を見せたところ、この奥様だと女性は言いました。

ジンユは、母ソンジュがチウを遠避けていたことを思い出しました。

チウが子供時代に着ていた赤と緑色の服を隠そうとしたこと、母が会社の掲示板(行方不明のチユを探してほしいと、

掲示板に写真を貼っていた。)をこっそり剥がしたことなどを思い出して、まさか母さんが犯行に関わったのかと疑いました。

 

【ソンジュ】ジンユの母

チウに「どうして平然としていられるのか?」と聞かれても、話をごまかしていました。

会社に行くと警備員のジュチョルに会って、一度お姉さんに会いに家にいらっしゃいと声をかけました。

ソンジュは、チウにジンユとイユだけには言わないでほしいと言いました。

自分の子供が大事ならどうして罪を犯したのか、とといました。

 

ソンジュは、不意に道に飛び出してしまい、危うく車にひかれそうになりました。

チウがソンジュを制すると、私はゆるさないと言いました。

「私が決めるので、あなたは罪人として記憶に縛られ、私がいつその口を開くかを怯えながら暮らしてほしい。」とチウに言われて、ソンジュは嘆いてしまいました。

「このまま過ぎ去るだろう、チユは何も言わない。」とソンジュは思いました。

 

【ヒョシル】ジンユの祖母、ハンスグループ会長

会社で顔を立ててほしいと、チウに同行してほしいと頼みました。

ソンジュがチウの絵を額にいれて飾ってくれたとヒョシルが話すと、チウの様子が違うことに気づきました。

 

【ジェハク】ジンユの父、ハンズグループ社長

チウはジェハクに相談をすると、必ず誰かに罪を償わせるとジェハクは言いました。

今幸せなのかとチウがたずねると、幸せだとジェハク。

そして、あのメモ(チウが失踪したときに鞄の中にメモが残されていた)が不幸を呼んでしまって耐えられない事が起きたらどうするかとチウ。

これ以上困難なことはない、とジェハクは言いました。

メモを刑事に見せて捜査をするように頼みました。

失踪事件の手がかりになるとジェハクに話して、メモとDNAをすり替えの件は明らかにすると刑事は約束しました。

【ギップム】ジンユの娘

 

【イユ】ジンユの妹、ハンスグループデザインチーム長

公園にジュチョルを呼んで一緒に手製の弁当を食べることにしました。

外が寒いので場所を変えるように言うと、ジュチョルはピクニック気分でいいと言いました。

ケチャップが付いていると言って、イユは頬にキスをしてしまいました。

すると、友人ソニが二人を見つけてチウの兄妹なのにと驚いてしまいました。

 

【ジュチョル】チウの義弟、ハンスグループの警備員

チウが会社にやってきたので、姉さんと声をかけると、気安く声をかけるなと上司に怒られてしまいました。

ソンジュから、姉チウに会いに家に来てもいいと言われて驚いてしまいました。

 

【ユンギョン】ジンユの元妻

ギップムが泊まりに来るので、身の回りの必要なものを用意していました。

入院している父親に、娘が泊まりに来ることを連絡しました。

 

【ワンスン】チウの夫、フードトラック経営

ワンスンはミヒャンの家で過ごしていました。

ミヒャンはワンスンが事務所で母イボクから守ってくれたので驚いたと話しました。

 

【イボク】ワンスンの母

ハンスグループの婿が帰ってこないので腹を立てていました。

イボクはワンスンが帰ってくるのを待ち構えていて、チウが戻ってきているからどう言い訳をしたらいいか相談しました。

昨夜飲みに行ってトラブルに巻き込まれたということにしようとワンスンに言いました。

チウが悩みを抱えているので、家族が見つかったのだからこれまでのように相手を許してあげるように言いました。

【ブハン】ワンスンの父

 

【ジョンスン】ワンスンの弟、弁護士

ワンスンにミヒャンの仕事は受けないと言いました。

財閥の地位を捨てることになるので関わらないでほしいと言いました。

ミヒャンの夫に浮気がバレたら訴えられると言いました。

ワンスンはハンスグループの話をするのはうんざりだと怒ってしまい、話を聞きませんでした。

向かいの事務所をたずねると、ウンジュが働いているのを知って驚いてしまいました。

 

【ウンジュ】ジョンスンの元彼女

ウンジュは一人で食事に行くのが苦手なので、室長が一緒に食べに行こうと声をかけました。

ジョンスンが事務所にはいってきたので、食事に行ってくると部屋を出てしまいました。

 

【サムスク】チウの養母

チウのことが心配で一度店に来るようにメールで連絡していました。

ジェヨンは、食事は明日からは自宅ですると言いました。

すると、コーチのカンテフンが家賃をもらっているとはいえ毎日食事を用意してもらっているのでサムスクに申し訳ないと感謝を伝えました。

サムスクはジュアにお金をとられて住む家を失ったが、次の借り主がジュチョルのコーチで、好意で一部屋間借りさせてもらっています。

 

【ジュア】サムスクの長女。母の金を持ち出して家を失なう。

ヘス(カンテフンコーチの娘)から二人は両思いだとからかわれてしまい、ジュアとジェヨンは違うと否定しました。

【ジェヨン】サムスクが経営する美容院の店長

 

第31話の感想や考察

ついにチウは、自分が子供時代に失踪した事件に関わる人物がソンジュであると確信しました。

ところが家族には言い出せないでいると、何事もなかったような態度をソンジュが見せたことでついに決心を固めましたね!

チウは家族にカミングアウトするのでなく、直接対決をすると言うので、真っ直ぐな性格のチウらしいですね。

 

ソンジュは、あっさり33年前のことを認めたのは意外でしたね!

しかし、悔い改めているようには見えず、終始自己弁護をしていたのが気になります。

ソンジュは、これまで用意周到にチウが娘であるという事実を隠そうとしてきました。

隠し通してもいずれチウに指摘されることは予想していたと思われますが、チユは決して口外しないだろうと見込んでいたのかもしれませんね。

 

チウにとっても大切な家族たちが、ソンジュのことで苦しむことになるのがわかっているからです。

チウの優しい性格を見越して、これ以上話が広がらないと思っているのでしょう。

ソンジュの言い訳はジンユとイユを守ることだけで、チウに対して申し訳ないと心から言っているようには見えませんでした。

普段冷静沈着なソンジュが、チウに懇願する様子は驚きましたが、子どもたちには黙っていてほしいと言うのは本音ですね!

 

窮地に追いやられて狼狽するソンジュ役のチョンエリは、じつに見事なお芝居ですね。

じつは時代劇ドラマ「揀択(カンテク)」では、王の母役を演じています。

大王大妃(テワンテビ)は、ゴージャスな着物を身にまとい、威厳のある振る舞いを見ていたら、とてもソンジュと同一人物には見えないので、女優さんの演技力というので、はすごいですね。

しかし、ソンジュの言い訳を聞いてチウは決して許さないと、家から出ていくように話していたので、チウはこれまでとは違う強気な態度に出ましたね。

この後チウはチェ家に戻れなくなってしまったので、行き場を失って友人ソニに助けを求めていて気の毒でした。

実家に戻っても、夫ワンスンでは相談相手にならないし、信頼しているジンユにも到底話すことが出来ないので、チウの立場に立たされたらもういる場所がなくなってしまうではありませんか!?

ジンユも独自に調査をしてきたことで、母親の仕業ということに気づいてしまいましたからね…。
今後は母に対してどの様な態度を見せるのか、見ものです。

33年ぶりにようやく家族が見つかって喜ぶことが出来た矢先に、この様な酷い結果になってしまうのはつらいですね。

これからチェ家の家族はそれぞれ苦境に立たされてしまいますから、ソンジュがどのように考えて行動に出ていくかが大きなテーマですね!

 

ワンスンの弟ジョンスンと元カノのウンジュの関係も気になります。

これまでは一方的にウンジュを避けてきたジョンスンですが、身近なところでまさか就職していたとは思いもよらない出来事ですから、二人の関係も気になります。

後、順調に交際を続けているイユとジュチョルですが、チウが見つかったことで二人は「兄妹」になってしまったから、これからどうなるのでしょうか?

ドラマの大きな山場に入り、チウや家族たちの心境が描かれていましたが、これからますます面白い展開になってきそうですね。

というところで、また次回の放送が待ちきれません。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

マイヒーリングラブのキャストや概要、各話のネタバレについて知りたい方はこちらをどうぞ♪

マイヒーリングラブのあらすじまとめ1話〜最終話まで各話はこちら

 

スポンサーリンク

マイヒーリングラブ第32話のあらすじやネタバレ感想は?

マイヒーリングラブ 第32話

【チウ(チユ/コンジュは愛称)】

チウは家でジンユの叫び声を聞いて、何の話なのかと心配になりました。

ヒョシルからソンジュのことを差し置いて、チユに母の形見を渡せないと話していたことを思い出していました。

 

チウは、ワンスンに電話に出ないからのはなぜかとたずねました。

ワンスンが久しぶりに友だちがハンバーガーを買いに来て会っていたので電話に気づかなかったと言い訳を言いました。

チウに最近変だと、隠し事をしているなら話してほしいとワンスンに言いました。

 

ワンスンは逆に何かあったのかチウにたずねました。

チウは子供の頃に祖母と離れた話をしようとすると、ジョンスンから電話がかかってきたので仕事に出かけてしまいました。

 

チウは会社へ出社すると、イユがマガジンの撮影をすることになり、ジュチョルの相手の女性が来れなくなったのでイユがモデルになったとうれしそうに話しました。

イユの笑顔が可愛いと、チウは思ったのでした。

 

チウはブアメリカのジュエリーブランドのブラックバタフライの件で会議に出ました。

社長がチウの絵を見て気に入り、ハンスグループとコラボしたいと言われました。

会議中にジンユは話が上の空の様子だったので、チウは心配してしまいました。

 

チウはギップムの面接交渉権が成立したので、もうすぐ行かせるので心配らしいと、チャンチーム室長がチウに説明しました。

 

【ジンユ】ハンスグループの御曹司

ジェハクがチユのバッグにメモを入れた人物と、DNAをすり替えたの人物の捜査をすると、ジンユに言いました。

ジンユは、ジェハクに母ソンジュがその人物だったとはとても言えませんでした。

そして、一人夜の街をさまよい歩いたのでした。

 

ジンユは、ソンジュに、どうしてそんな真似をしたんだ?どうしたらよいかわからない!と大声をあげました。

ジェハクが驚いてジンユを心配すると、ジンユは父さん許してください、と言って謝るのでした。

ジンユがかなり酔っている様子だったで、明日の朝話そうと言いました。

 

その夜ジンユは眠れず、子供部屋でギップムの寝顔をのぞいていました。

早朝にジンユが出かけようとすると、チウが声をかけました。

「僕に何ができる?人生を台無しにして謝る資格もない!」とジンユはチウに言いました。

 

ソンジュに確認したいことがあるので、外であって話したい、とジンユが言いました。

 

ジンユは、ギップムにユンギョンの話をしました。

あの人がママだと、パパからギップムにお願いがあると言いました。

ママがギップムにとても会いたがっているから、ママといてあげられるか、とギップムにたずねました。

 

「どういう風の吹き回しなの?もうギップムと会えるとは…。」とユンギョンは驚いてしまいました。

 

【ソンジュ】ジンユの母

ジンユが酔って帰ってきたので、ソンジュは驚いてしまいました。

そして、ジンユの様子が違うので、何があったのかたずねました。

どうしたらいいのかとジンユがいうと、コ・ユンギョンがギップムを連れて行くのかと聞きました。

ジンユのただならぬ様子に、ソンジュの顔色が変わりました。

 

ソンジュは母親の墓を訪ねて、もう来ないと決めていたけれど(ジンユは)父親のいない子だと言われてきた。

どうか私を助けて欲しい、何事もなく過ぎ去るようにと、どうか私を守って欲しいと墓前で話しました。

ジンユに父親を作りたかった。

どんな手を使ってもあの家に骨を埋めたかった、とソンジュは苦しい思いを母親の墓前で話しました。

 

ソンジュはジンユと二人であって、6歳の時に家に来て、お婆さんとお父さんと出会ったとソンジュがジンユに言いました。

龍仁市場(ヨンイン)に行ってきた、いつから気づいていたのか?、本当にDNAを警察に預けたのか、施設のホヨン、配達委員の女性について、僕の勘違いだったと言って欲しいと言いました。

母さんではないと言ってくれと、ソンジュに言いました。

 

すぐに後悔して韓国じゅうを探し回ったけれど、チユは見つからなかった…。

生きるためだった…あの家にはどこにも居場所がなかったので、なんとしても骨を埋めることを考えていた、とソンジュ。

お婆さん(ヒョシル)がジンユに、コンジュ(チユ)の物をさわるなと言っていました。

私が何十年経っても態度を変えないとお婆さんが話すので、あなた(ジンユ)を孫として認めてくれなかったと話しました。

 

ソンジュは、誰かに罪を話すべきだった。

どうしてチユが戻るのを妨害した?とジンユがたずねました。

後悔…、時が流れてイユが生まれ、お義母さんも変わって私達の接し方も変わったけれど、失いたくなかった。

チユが帰ってくるのは怖かったので、今まで堪えてきた、とソンジュは言いました。

 

母さんが望んだ姿だった、母さんが不幸だったとジンユは言いました。

その後はずっと苦しんで悪夢ばかり見て、苦しみながら生きてきたと言いました。

これで終わりにしよう、家族の前で話して警察に行こうとジンユは言いました。

あなたはこのまま今の場所で生きてほしい、とソンジュがジンユにいいました。

チユが何も言わないのに、私が話さければいいし、誰のために警察に行くのか?

チユが知っているのか?とジンユが聞くと、あなたは何も知らないふりをして今の人生を生きなさい、とソンジュは言いました。

 

【ヒョシル】ジンユの祖母、ハンスグループ会長

ヒョシルはチユが二週間たったので実家に帰ってしまうと家族に話しました。

ジンユだけでなく、チウも食欲がないので心配しました。

 

ジンユに電話をして、ソンジュを正式に娘にしたいと話しました。

書類上は赤の他人なので、籍に入れたいのでオ弁護士に書類を作成してもらうのと、明日家族皆の前で話しをすると言いました。

ジンユに、うれしいでしょとたずねました。

 

【ジェハク】ジンユの父、ハンズグループ社長

ジンユが酔って帰ってきたので、驚いてしまったが理由を聞こうとはしませんでした。

写真館で家族写真を撮ろうと、家族に話しました。

 

【ギップム】ジンユの娘

【イユ】ジンユの妹、ハンスグループデザインチーム長

マガジンの撮影でイユとジュチョルがモデルをすることになりました。

カメラマンに、チーム長の片思いみたいだとジュチョルにアドバイスをしました。

ジュチョルの表情が硬いので、イユが笑わせてリラックスさせたのでした。

 

【ジュチョル】チウの義弟、ハンスグループの警備員

慣れないモデルの撮影で緊張してしまい、イユに励まされながら撮影を終えることが出来ました。

 

【ユンギョン】ジンユの元妻。

ギップムと会えるように裁判で申し立てたところ、意外に早く会えることになったにで驚いてしまいました。

 

【ワンスン】チウの夫、フードトラック経営

チウが泣いていたので、子供時代に龍仁ででなにかあったのかもしれないと思いました。

女友達のミヒャンの訴状(家庭内暴力)をジョンスンに言わないで勝手にミヒャンの夫に送ったので、ジョンスンが怒ってしまいました。

イボクが事務所に行くとミヒャンが来ていたので、ハンスグループの婿だからともうあわないでほしいと厳しく言いました。

ミヒャンは、第三者に言われてもワンスンとの友情を切るつもりはないと言いました。

ワンスンの携帯を渡すようにイボクがいうと、もう干渉しないでくれ!うんざりだ、と言ってでていってしまいました。

 

【イボク】ワンスンの母

ワンスンは財閥の婿になったので、昔の女友達ミヒャンと別れさせようとしている。

 

【ブハン】ワンスンの父

チウからこれまでに分かった経緯を聞くと、水に流すわけには行かないと言いました。

すべてを世間に明らかにして、(相手の)人生が崩れるその瞬間を見届けたい、とチウが言いましたが、家族を悲しませたくないと言いました。

でも自分の人生を変えられて憎いので許せない、と泣いてしまいました。

ブハンは、今は憎みたいだけ憎めばいい、後になれば相手を許せるようになるかもしれないから、今は感情が赴くままにすればいいと、チウを慰めました。

 

【ジョンスン】ワンスンの弟、弁護士

36歳になって反抗期を迎えたのか、頭が痛い、とジョンスンは頭を抱えてしまいました。

 

【ウンジュ】ジョンスンの元彼女

チウは突然ウンジュの家を訪ねに行きました。

ウンジュは勤務先が移転して、ジョンスンの事務所のビルに入ったので、ジョンスンがうろたえていたとチウにいました。

ソンジュがチウに何かあったのかたずねると、久しぶりにハヌルの顔を見れたのでうれしいと、チウはハヌルを抱きしめました。

 

【サムスク】チウの養母

サムスクはコーチに、台所の排水管の修理を頼んだので、お礼を言いました。

(サムスクは家を出ることになり、家の契約者カンコーチに一部屋間借りさせてもらっている。)

チウが家に訪ねに来たので、気を使わなくていいとサムスクが言いました。

向こうの家に孝行するようにチウに言いました。

 

深刻に考えないで、母さんはうれしいので踊りだしたくなる、とチウに言いました。

心配の種は向こうに家に行くのでせいせいする、これっぽちも気にしないので笑って生きなさい、安心しなさいとチウを慰めました。

メモの捜査をジェハクが頼んだことを伝えて、5歳の子供をすてようとしたのは許せないと言いました。

なぜお母さんは私を育ててくれたのか?家が貧しかったのにとチウが聞くと、チウが離れるとすぐに泣いてしまったので見捨てられなかったと、自分で育てようと決心したとサムスクが言いました。

 

チウはお母さんの子供で良かったと、お腹が空いたのでお母さんが作ったゴハンが食べたいと涙を流しながら言いました。

チウはお母さん、お母さんと何度も呼びました。

サムスクは卵焼きよと言って、食事の用意をしました。

サムスクは優しい子ね、苦労させた親のことなんか考えないですぐに飛んでいけばいいのにと、ため息をつきました。

 

【ジュア】サムスクの長女。母の金を持ち出して住まいを失う

ジュアとジェヨンの意見が一致しているので、カンコーチが冷やかしました。

 

【ジェヨン】サムスクが経営する美容院の店長

第32話の感想と考察は

ついにソンジュが何を考えていたのかわかりましたね!

悪行の動機もわかりました。

ジンユは父親がいなかったので、ハンスグループの後妻となったのですが、ジェハクの母であるヒョシルは二人の結婚を認めたくなかったのですね!

ソンジュは戸籍に入れてくれなかったので、チェ家では赤の他人として33年間暮らしてきたのですね。

全ては息子ジンユのために、母ソンジュが企んだことだったとは!?

そのために先妻の子供チユがいなければ都合がいいので、一連のソンジュの妨害工作は納得できました。(DNA検査やチユのバッグに入っていた探さないでというメモの存在です。)

 

ソンジュは家族としては認められないけれど、チェ家に骨を埋めることを望んでいたのですね。

息子ジンユが家を継いでもらいたいので、直系のチユがいるとジンユの立場がなくなります。

 

そして、ソンジュはチユが戻ってくることを恐れていたわけですね。

もしもチユが戻ってくれば、ソンジュが疑われることになるので、必死に妨害しようとしてきたわけです。

 

一方で、ジンユも独自で調査してチユの失踪について明らかになりましたが、驚愕の事実にショックを受けてしまいましたね…。

普段穏やかなジンユが取り乱していたので、見ていて気の毒でしたね。

そしてチユも真実を知っていたことで、ひどく落ち込んでしまいました。この事実をチェ家の家族が知ったら、ヒョシルはどうなってしまうでしょうか?

普通の家庭ではなく財閥一家のスキャンダルになるので、もしも事実を世間に知らせたら会社の存続にも関わる事態になることでしょうか?

 

そんなチウは、事実を明らかにして世間に公表してソンジュを戒めたいと思っていましたね。

もしも公表したら、家族も会社も大変なことになることは予想がつくので、チウが相当悩んでいましたね!

チウの舅ブハンが、今は相手を憎んでも時間が経てば相手を許すことができるだろうと話していたので、チウの気持ちが救われるかもしれませんね。

また、養母サムスクが詳しく話を聞かなくとも、チウのことを励ましていたので、母子のやり取りは泣けました。

サムスクは幼いチウを苦しい生活でも育てようとした心優しい人物なので、頭が下がります。

そんな母親に心を許して甘えるチウを見ると、また涙が止まりませんでしたね。

 

裕福な家に生まれても、大人の事情で数奇な運命をたどることになったチウですが、決して不幸せではなかったと思いますよ♬

温かい家庭で育てられてきたので、自分に関わる人々に優しく接するのですね。

義弟ジュチョルや義弟ジョンスンの彼女のウンジュまで面倒をみるお人好しですから。

 

口ではソンジュのことを許さないと言っていても、この後チウはソンジュのことをどうするでしょうか?

  1. 黒幕を世間に公表する
  2. 公表はしないが、自首をすすめる
  3. そのまま黙って見過ごす

三択にしてみましたが、3番目はなさそうですよね!

1を選ぶと家庭崩壊になることが想像出来ます…。

消去法で考えると2が妥当でしょうか?

いずれにしろ家族が事実を知ることになれば、皆苦しむことになりますよね。

 

ソンジュの息子であるジンユはどうなるでしょうか?

ヒョシルとジェハクは事実を知ったら想像できますが、イユはジュチョルとの交際が危ぶまれるでしょう。

 

ミヒャンに夢中のワンスンは、よりをもどせるでしょうか?

元嫁ユンギョンは、ここぞとばかりに復縁を迫るでしょう。

ギップムの親権はとられてしまうのでしょうか?

 

伏線になりますが、ジョンスンとウンジュの関係。

ジュアとジェヨンはカップルになるのかどうか?

サムスクとカンコーチはひとつ屋根の下で暮らしていますが?

 

チェ家の人々がこの後どうなるでしょうか?

家族に罪人がいると分かった時点で、家族がどれほど苦しんで不幸になるか、ソンジュは自分のことしか考えていないことに気づいてくれるでしょうか?

 

ソンジュはチウが優しい性格だから決して言わないだろうと思っていますが、この後思わぬ展開を迎えることになりそうです!?

次回の予告編を見たので、もう続きがみたくて仕方がありません。

というところで、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【33話から続きはこちら⇒】

 

と、テレビ放送を見ていて気づいたのですが、ところどころカットされている場面があることに気づきました。

実は、全話ノーカットのドラマ動画を見る方法があります。

マイヒーリングラブの動画を日本語字幕で1話〜最終話まで無料で見るには?

▼マイヒーリングラブ各話のあらすじネタバレはこちらからご覧になれます

マイヒーリングラブのあらすじまとめ1話〜最終話まで各話はこちら

 

▼その他にもこんな記事がよく読まれています

時代劇ドラマ「揀択(カンテク)」は、ソンジュ役のチョンエリさんも出演しています↓

揀択(カンテク)韓国ドラマのあらすじや最終回の感想ネタバレは?

マンホールの動画を日本語字幕で1話〜最終話まで無料視聴するには?

パーフェクトカップルの動画を日本語字幕で1話〜最終話まで無料で見るには?

ナインルームの動画を日本語字幕で1話〜最終話まで無料視聴するには?

百年の花嫁[韓国ドラマ]のあらすじや最終回の感想ネタバレは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です