マイヒーリングラブ35話36話あらすじネタバレ!チウとワンスンはついに破局?

韓国ドラマ「マイヒーリングラブ」の第35話と36話について、あらすじやネタバレ有りの感想をまとめています。

ソンジュは家を出てしまい行方がわからなくなりましたが、一方チウは夫の裏切行為を知って離婚を考えるようになりましたが…。

ドラマ放送を見逃した方や、テレビを視聴して共感されたい方に、わかりやすく解説しています。

マイヒーリングラブ第35話のあらすじやネタバレ感想は?

▼マイヒーリングラブ各話のあらすじネタバレはこちらからご覧になれます

【マイヒーリングラブ 目次⇒】

マイヒーリングラブあらすじやネタバレのまとめ1話〜最終話まで全話!

マイヒーリングラブ 第35話

【チウ(チユ/コンジュは愛称)】

チウはワンスンと二人で話をしてしばらく距離を置こうと話しました。

その後チウは夫の裏切りに怒ってしまい、一人で道を渡ろとしたら目前にトラックが走ってきました、ジンユがチウを危機から助け出しました。

チウはジンユが後をついてくるので、もう帰ってください、ひとりで帰れますから、私が惨めなときにどうして現れるのか、どうか見なかったふりをして欲しいと頼みました。

そして、お兄さんに見られるのがすごく恥ずかしいんです!私にとって胸が張り裂けるほど恥ずかしいので、そっとしておいて、と涙を流してしまいました。

ジンユはだまって、チウをそっと抱きしめました。

それは僕には出来ない、お前を放っておけないとジンユは言いました。

 

家に帰ろうとジンユがいうと、どの家の変えればいい?私に家があるのでしょうか?とチウ。

父さんとお婆さんがいる家に帰ろうとジンユ。

私がいると皆が苦しむことになるとチウは言いました。

お前さえ良ければ、僕はそれでうれしいと言いました。

 

チウは、ソニに何があったのか聞かれました。

チウは寝ている旦那を起こしてくれてお使いに行ってもらったり、駄々をこねる夢をみたといって、旦那にわがままが言ってみたかったと話しました。

そして、本当の家族だなと、似ている親子だと言われたかった、私に問題があると思ったので余計に悔しいし、彼に罪悪感があったので(子供のことを)言うことが出来なかった。

8年も最初から無理だと思っていた、と言ってチウは泣いてしまいました。

ソニは、チウの話を聞いて怒ってしまいました。

チウに、ワンスンの理由を聞いてみると、話が頭に入ってこなかったと言いました。

ソニは結婚を止めるべきだったと、長い時間あの男に尽くしてきたことに腹を立てました。

 

チウは、ワンスンからメールがきて、電話に出てほしいと、俺にチャンスをくれないかと書いてありました。

チウはキャンプで撮ったチェ家の家族写真を黙ってみつめていました。

 

【ジンユ】ハンスグループの御曹司

娘のギップムがどうして家に帰れないのかと言っていたことを思い出して、みんなパパのせいだと考えていました。

イユから電話がかかってきて、母ソンジュからの置き手紙が置いてあって、母がいなくなったのと、携帯も繋がらなくなったと話しました。

ソンジュから、ギップムと二人で家に戻るようにとメールが届いていました。

ジンユは、イユと母の行方を探していました。

イユは、お父さんがお母さんのことを永遠に探さなかったらどうすればいい?とジンユに言いました。

 

ジンユは子供の頃、コンジュ(チユ)と一緒に過ごしていたことを思い出していました。

祖母ヒョシルが母ソンジュのことを家族として認めてくれなかった事を考えて、母さんは今どこにいるのかと思いました。

ジンユは、宅配便の会社で荷物の集荷の仕事をしていました。

同僚から慣れない仕事をしているジンユに、この仕事は甘い考えではできないし君には似合わないと言いました。

きつい仕事で誰でも雇ってくれるからこの仕事を選んだ、とジンユはいいました。

 

【ソンジュ】ジンユの母

ソンジュは、幼稚園に言ってギップムに会いました。

今日は迎えに来てくれたの?お家に帰れるのとギップムが聞きました。

テコンドーおばさんがお家が壊れたから帰れないと言っていたとソンジュにいいました。

そうよ、おばあちゃんが壊しちゃったのよと、ごめんねギップム、おばあちゃんのせいなのよ。

病気をしないでご飯を食べて、パパの言うことを聞いて、おばあちゃんが居なくてもいい子でいてね、と言いました。

どうしておばあちゃんがいなくなるの?どうして?とギップムが言うと、ソンジュはギップムを抱きしめて涙を流しました。

 

【ヒョシル】ジンユの祖母、ハンスグループ会長

ソンジュはずっと部屋に引きこもっているから、私がこの家を出ていきます、とソンジュはヒョシルに話しました。

ソンジュは、恩返しをするどころか苦しめてしまいました、本当にごめんなさい。どうかお元気で末永くチユとお幸せに、と言って頭を下げると、涙を流していました。

本当に大馬鹿者よmとヒョシルが泣いていると、チウが戻ってきました。

大切な孫娘から笑顔が消えてしまった、とヒョシルはチウに言いました。

ソンジュさんが出ていった、とチウに教えました。

 

【ジェハク】ジンユの父、ハンズグループ社長

刑事が訪ねてきて、捜査したところDNA検体の持ち主は児童養護施設の子供(ホヨン)のものだったと伝えました。

DNA検体を登録する前日に、奥様(ソンジュ)が施設にたずねているので、DNA検体をすり替えた可能性がある、と掲示は言いました。

その後ジェハクは突然胸が痛んで苦しんでいるので、チャン戦略企画チーム長が声をかけると、大丈夫だとこたえました。

ジェハクは、ソンジュから離婚届を郵送で受け取りました。

手紙には、あのとき家族と認められるまで我慢すれば、チユと一緒に幸せになれたかも知れない、と書いてありました。

ソンジュの手紙▶「頼る身よりもお金もなくて、あなたが手を差し伸べてくれたのに、踏みにじってしまった。
こんな形で終わりにすることをお許しください。
そして、最後の頼みをすることを許してください。
何も罪のないジンユを追い出さないで、あなたの息子として置いてください。

あなたの残りの人生が幸せでありますように。」

手紙を読んでジェハクが頭を抱えているのを、チウは部屋の外から黙ってみていました。

 

【ギップム】ジンユの娘

幼稚園に祖母のソンジュがたずねてきたので、迎えに来てくれたのかと聞きました。

 

【イユ】ジンユの妹、ハンスグループデザインチーム長

イユは、母ソンジュの部屋に行くと、置き手紙が置いてあったので驚いてしまいました。

母親の携帯に連絡をしても留守番モードになっていたので、せめて声だけでも聞かせてほしいとイユは留守番電話に話しました。

デザイン室ヨンチーム長は、常務が最近来ていないけれどどうしたのか、とイユに聞きました。

イユは、用事があると言って部屋を出てしまいました。

チャンチーム長に、イユは何も聞かないで兄のそばにいてあげてほしい、と頼みました。

 

【ジュチョル】チウの義弟、ハンスグループの警備員

チウの友人ソニは、イユとジュチョルが付き合っていると言いました。

チウの調子が悪そうだったので、ソニは心配していました。

チウは、私を笑わせてくれるのはあなたしかいないと言いました。

チユは、ジュチョルがプムセ(テコンドーの型を競う)の大会に出ることを喜んでいました。

ところがジュチョルの様子がおかしいので、何か知っているのかとチウは心配しました。

 

ジュチョルは、出社前から朝練でプムスに出るための練習を頑張っていました。

練習を見てくれたコーチの娘ヘスがこのままだと大会に出られると言いました。

テフンコーチがジュチョルには可愛い彼女がいることをヘスに教えました。

最近ギップムが練習に来ていないのをコーチは心配していました。

 

ジュチョルは警備員の仕事をしているとイユが出社してきたので挨拶をして、いい一日を、チーム長!と声をかけるとイユが驚いて振り向きました。

 

【ユンギョン】ジンユの元妻

【ワンスン】チウの夫、フードトラック経営

ワンスンに子供の頃に龍仁市場(ヨンインシジャン)で迷子になって、誰も探せないようにメモまで残したことをチウは話しました。

チウはこの話をするためにきたのではなくて本題があると言いました。

ワンスンに、しばらく距離を置こうと言いました。

するとワンスンは、久しぶりに同級生にあって浮かれていたのと、彼女が家庭のことで悩んでいたので心配だったのと、ペンニョン島に行ったのも計画したことでなくて偶然だと説明しました。

チウは、あなたは嘘をついていて、他のも隠していることないのか、と聞きました。

ワンスンが自分の携帯を見せて、もう電話番号を消した(チャン・ミヒャン)と見せました。

 

その後、ワンスンがトラックの移動するように言われたので席を外しました。

チウは、精管再生手術の予約についてメールが来ているのを見てしまいました。

その後ワンスンは病院に行くと、チウが待合室にいるのを見て驚きました。

これって何かの間違いでしょう?私に隠れてそんなことまでしていたのね!

全部説明すると話すワンスン。

あなたと話すことはもうない、と言って病院を出てしまいました。

 

ワンスンがチウをあわてて追いかけると、裏切りに気づかないで赤ちゃんを待ち続けていた、苦しむ私を8年間も平然とあなたは見ていた、とチウ。

ワンスンは、はじめから子供を持つつもりがなかったし、親になる自信がなかったとワンスン。

あなたとはもうおしまいよ!とチウが叫ぶとワンスンはそれはダメだ、と言いました。

ワンスンはどうか俺を叩いてくれ、とチウの手を取り自分の頭をたたこうとしましたが、チウはその手を振りほどいて道を渡ろうと歩いていきました。

するとチウの目前にトラックが迫ってきましたが、突然ジンユが現れチウを抱きかかえて危機から救ったのでした。

 

ワンスンは、チウに言われたことを思い出していました。

取り返しのつかないことをして後悔していました。

隣に家に行ってチウと会うことも出来ないので、どうすることも出来なくなり困惑してしまいました。

 

【イボク】ワンスンの母

ワンスンが血相を変えて帰ってきて、部屋にこもってしまったので心配していました。

ブハンに放っておかないといつまで経っても大人にならないぞと言いました。

 

【ブハン】ワンスンの父

ワンスンが鍵を締めて閉じこもっていたので、これまでになかったことで驚いてしまいました。

 

【ジョンスン】ワンスンの弟、弁護士

【ウンジュ】ジョンスンの元彼女

ジョンスンはウンジュが同じ職場で税理士のパン・ジヨンと一緒に昼食を取っているのを見て、気になりました。

二人が会話をしていると、別のテーブルに座っているジョンスンがわざと大声で店員に声をかけていました。

 

その後ウンジュたちが歩道を並んで歩いていると、自転車が走ってきたのでジヨンはウンジュがぶつからないように守りました。

二人の様子を見ていたジョンスンは、わざと二人の間に割り込んでいきました。

ジヨンがジョンスンに挨拶をすると、ジョンスンは黙って先に歩いていきました。

有名な弁護士で離婚訴訟のエースだと聞いている、とジヨンがウンジュに話しました。

 

【サムスク】チウの養母

ワンスンはチウが来ているのかどうか電話でたずねたので、まだ来ていないとサムスクは言いました。

ワンスンが連絡してきたので、今度は何をしでかしたのか、とサムスクは勘ぐるのでした。

娘のジュアは、ワンスンが何か大事件を起こしたのかも知れないと言いました。

【ジュア】サムスクの長女。母の金を持ち出して住まいを失う

母親に姉の心配をしていると話しても、まともに相手にしてくれないのでジュアは怒ってしまい親子喧嘩になってしまいました。

 

【ジェヨン】サムスクが経営する美容院の店長

ジェヨンはワンスンの居所を聞くのはめずらしいことだとワンスンに言いました。

サムスクは、まさかチウに何かあったのかも知れないと言いました。

 

第35話の感想と考察

今回驚いたのは、チウの義弟ジョンスンが心変わりしたことですね!

あれほど元カノウンジュのことを避けてきたのに、再開すると気になって仕方がない様子ですね(笑)

ウンジュとイケメン税理士ジヨンが親しそうにしているのを見て、ジョンスンがヤキモチを焼いているので意外でした。

前回父ブハンが、母親が兄ワンスンの世話を焼いてベッタリなので、ジョンスンが寂しがっていることを心配していましたね。

家庭の状況が一変したので、ジョンスンはウンジュのことが気になりだしたみたいです。

息子のハヌルもいることだし、早くジョンスンはウンジュとよりを戻してもらいたいですね!

しっかり者の弟と対照的なのが兄のワンスンです。

 

そもそもワンスンがチウと結婚した馴れ初めが知りたいですよね!

チウよりも年下のワンスンに押し切られて、反対されながら結婚したみたいですが、チウが描いていた理想の生活に離れませんでした。

第1話に出てきた、チウの夢の世界ですね!

寝坊して目覚めると、夫が朝食の用意をしてくれていて、しかも可愛い子犬も飼っていた夢の世界ですが、現実はまったく違うものでした。

 

夫は公務員の試験を受けている身で、稼ぎはチウが掛け持ちでアルバイトをしているし、家には超絶口うるさい姑イボクがいるので、チウは本当に幸せだったのでしょうか?

8年間我慢して、子供に恵まれることを期待して頑張ってきたけれど、ワンスンに裏切られてついにチウは堪忍袋の尾が切れてしまいました。

怒りが頂点にたっしたところで、道路を渡ろうとして危うくトラックにぶつかる寸前のところを、ジンユが駆けつけてチウの危機を救ってくれましたね!

これはあっと驚く展開でしたが、ワンスンは黙って見ていたんですか?

チウが困っている時にジンユが現れて助けてくれたので、チウにとってジンユはスーパーマンですよね?

 

その後チウが家に帰る時に、チウの後ろを離れて歩くジンユですが、並んで歩かないんですよね。

ソーシャルディスタンスなのかしら(爆)

あ、失礼いたしました…、ジンユはチウに対して負い目があるので、並んで歩けないんです。

母親のことでチウに申し訳ないと思っているから、ジンユはチウに頭が上がらないですよね。

でもその後、チウがこれまでのつらい思いをジンユにぶつけていましたよね。

ジンユは黙ってチウを抱きしめて、ヨシヨシしていたところが良かった…。

胸キュンモードが炸裂しました(汗)

 

ジンユはチウのことをそっと見守っている存在なんですね。

それはジンユの優しさだと思います。

チウにとってジンユは信頼できる「お兄さん」と呼んでいました。

しかしジンユは、チウのことを学生時代の頃から憧れてきた人なので、二人に温度差があることでこれから二人の関係がどのようになるでしょうか?

この後は、チウはワンスンと離婚してしまう流れになってしまうのでしょうか。

ここまでチウを裏切ったワンスンの行為は許されないと思うので、二人が夫婦としてやり直すのは難しいでしょう。

チウは家族思いの心優しい性格ですが、真っ直ぐな性格なので、夫を許さないでしょう。

チウは、33年ぶりに家族が見つけられたので、この上ない喜びをかみしめていたら、思わぬ災難が降りかかりいつまで経っても幸せになれないですね!

何がどうなればチウが幸せになれるのか考えてみると…

  1. 夫ワンスンと別れる。
  2. 義母ソンジュが罪を認めて償うために自首する。

でも、そうなるとチェ家の人々は大変なことになってしまいますよね。

息子ジンユが家を出ても、解決にはいたらないです。

ギップムにも罪はないから、実家に戻してもいいのではと思いますが、世話をしていたソンジュがいないので大変だし、ジンユが決断したことなので撤回するのは難しいです…。

となるとまだまだ先が読めてきませんが、次回の展開を期待したいと思います。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

マイヒーリングラブのキャストや概要、ネタバレについて知りたい方はこちらをどうぞ♪

マイヒーリングラブのあらすじまとめ1話〜最終話まで各話はこちら

 

スポンサーリンク

マイヒーリングラブ第36話のあらすじやネタバレ感想は?

マイヒーリングラブ 第36話

【チウ(チユ/コンジュは愛称)】

ギップムが幼稚園からいなくなり、チウは探しに行きました。

すると、自分が子供時代に迷子になった記憶を思い出しました。

その後ギップムが一人で歩いているところをチウが見つけました。

「おうちに帰りたいから連れて行って」、とギップムが言うと、「一緒に帰ろう。」とチウはギップムを抱きしめました。

その後泣きじゃくるギップムをジンユが連れて帰ってしまいました。

 

ギップムはコートを忘れたのでチウは追いかけていくと、家の前にワンスンが現れて話がしたいと声をかけました。

チウは後でパク家に話に行くと伝えると、ワンスンはどうして家に来るのだろうと思いました。

チウはブハンから連絡をもらうと、お婆さんの具合を心配していました。

これからチウが家に帰ると伝えました。

 

チウは実家に言って離婚届をワンスンに渡した後に、一人でカラオケ店へ行きました。

これまでにパク家でワンスンやイボクに言われたことを思い出していました。

そして歌っていると、悲しくなってしまい、チウは涙を流してしまいました。

 

【ジンユ】ハンスグループの御曹司

ジンユは娘のギップムが幼稚園からいなくなったことを電話を受けて知りました。

祖母のソンジュが幼稚園に来たあと、ギップムが悲しんでいる様子でその後いなくなりました。

ジンユは家につれかえろうとすると、ギップムが「家に帰りたくない。」と泣いてしまいました。

そしてジンユは、ギップムを抱きかかえて連れて帰ってしまいました。

ギップムの「どうして家に帰れないの?」という言葉をジンユは思い出していると、(家には居場所がもうないから帰れない。)と考えていました。

 

【ソンジュ】ジンユの母

ソンジュは家を出た後、高速バスのバス停にいました。

そして、携帯でメールを打っているとやめてしまい、ゴミ箱に捨ててしまいました。

私のせいで子どもたちが苦しむ姿をみたくないので、家を出るという選択をした。

けれど、最後に夫に失望させてしまい申し訳ない、と考えていました。

 

【ヒョシル】ジンユの祖母、ハンスグループ会長

ギップムがどうしても家に帰りたくて、一人で帰ってきたことを知って驚きました。

ジンユが帰ってきてギップムを叱ると、ヒョシルが止めましたが、家に連れ帰るジンユを止めませんでした。

チウは、元気のないヒョシルを心配しました。

「ソンジュさんのせいで子どもたちまで苦しめることになった…。」とヒョシルは嘆きました。

チウは、「幼い頃を思い出して家に帰りたかったので、ギップムを家に連れて帰リましょう。」とヒョシルに言いました。

チウはヒョシルに、「ギップムが心配だから家に連れて帰りましょう。」と言うと、ヒョシルは「そうね。」とこたえました。

 

【ジェハク】ジンユの父、ハンズグループ社長

刑事からDNA検体のすり替えに、ソンジュが関わっていると聞きました。

ジェハクは「子どもたちのために事実を話すべきだ。」と、ソンジュの留守電に入れました。

 

ユンギョンが会社に来て、ジンユがいなくなったと社員に話をしていると、ジェハクが話をしました。

ジンユは「今とても苦しんでいる。」とユンギョンに伝えました。

「どうしてか理由を知りたい。」と聞くと、ジェハクは「他のことで苦しませたくないので近づかないように。」と言いました。

ユンギョンは、「ハンスグループを辞めたのか。」と聞くと、ジェハクは黙ってしまいました。

 

ジェハクはジンユに会って、「家に、そして会社にも戻ってくるよう。」と言いました。

ジンユは「許してください、黙っていたことがあります。」と言いました。

「DNA検体がすり替わっていることや、ホヨンのことも全部知っている、母さんがしたことは許せないけれど、お前は私の息子だ。」とジンユに言いました。

「父さんの気持ちをあだで返してしまって申し訳ありません。」とジンユは言いました。

ジェハクはため息をつきました。

 

【ギップム】ジンユの娘

「どうして家に帰れないの?」とジンユに聞くと、「大人になればわかることだけど今は帰れない。」というと、「みんな大嫌い!」といってギップムは布団をかぶってしまいました。

「テコンドー教室に行きたいけれど、あのコーチ(ジュチョル)でなければだめなの。」とギップムはイユに頼みました。

教室で撮影したテコンドーの動画を見ているギップムをみて、イユは心配しました。

 

【イユ】ジンユの妹、ハンスグループデザインチーム長

ジュチョルがイユを心配して、コーヒーのクーポン券をメールで送ってきたので、お金を普段あまり使わない人が自分のために気遣ってくれたのだとイユは嘆きました。

【ジュチョル】チウの義弟、ハンスグループの警備員

 

【ユンギョン】ジンユの元妻

ユンギョンは、「ハンスグループを辞めたって?うちの会社に来てよ。」とジンユに会って言いました。

「ギップムが待っているからもう帰るよ。」と、ジンユがいうと、

「父の後継者を誰にしようかと悩んでいたの、ちょうどよかった、あなたに継いで欲しい 、本心よ。」とユンギョンは言いました。

「コヨン物産に行くつもりはない。」とジンユがいうと、「返事は急がないからゆっくり考えて。」とユンギョン。

ジンユに、「後継者がいないので、コヨン物産に来て働いてほしい。」とユンギョンが頼みました。

「理由はどうあれ、会社を辞めて正解よ。お孫さんが見つかった以上、会社はあなたのものにはならないでしょう。」とユンギョンがたずねると、「自分のものにするつもりはない。」とジンユ。

 

「うちの会社に入ればあなたを追い出さない、私にとって単にあなたはギップムの父親よ、だからこれから3人でギップムと一から始めましょう、いい機会でしょう?」と言いました。

ジンユは、「これが僕と一緒になれない理由だ、僕にとって大事なものを君は気にもかけない。」と言いました。

「コヨン物産のCEOの席を提案しているのよ?あなたの力になるために。」とユンギョン。

「ただ一緒にいるだけで元気になれる人がこの世にいる、君ではとてもそうはなれない。」とジンユ。

「ジンユさん。」と声をかけると、「失礼するよ気をつけて帰れ。」とジンユは帰ってしまいました。

(こうもすれ違うのかしら?養育権の訴訟まではしたくない。)とユンギョンはため息をつきました。

 

【ワンスン】チウの夫、フードトラック経営

チウはパク家を訪ねて、「ワンスンと二人でまずは話がしたい。」といいました。

ワンスンは「これからお金をためて、実家を出て二人で暮らそう。」と言いました。

これまでためた小銭の入った瓶をみせて、「一緒に砂漠に行こう、もうミヒャンと別れて、精管再生手術を受けるので、元通りにする。」とワンスンは言いました。

「赤ちゃんを望んでいたけれど、どれほどあなたのお母さんに責められたのか?」と、チウは言いました。

「一からやり直そう。」とワンスンが言うと、

チウは、「あなたに苦労させられたけれど結婚は後悔していないが8年間の結婚生活がゼロになった、パクワンスンがもう信じられない!」と言いました。

「私の書く欄は埋めてあるから離婚してほしい。」と離婚届をワンスンに渡しました。

「どうして離婚届けを出さなければならない?」とワンスンがいうと、「離婚届を出さなければ離婚できない。」とチウ。

チウは「ジョンスンの法律事務所に勤めて、様々な離婚のケースを見てきたけれど、離婚するのには相当な覚悟がなければできないことを知った。」と言いました。

ワンスンは「絶対に離婚は認めない。」と言うと、「ここにきたのはあなたに離婚届を渡して、両親に伝えに来ただけだ。」言いました。

 

その後チウは、ブハンに「申し訳ない。」と言いました。

ブハンは「こいつが何をしたのか。」と聞くと、「もう無理なんです、彼とは離婚します!」とチウが言いました。

「話にならない。」とイボクがいうと、

「心が砕けてしまったのでもう耐えきれません、一日だって手を抜いたことはありません、嘘のない優しい人だったから、彼が騒動を起こしても必死に堪えてきたし、お義母さんに理不尽なことを言われても我慢してきたけれど、彼がその糸を切ってしまいました。」とチウ。

イボクがワンスンをかばうのを聞いて、「それで隠したんですか?その人の名前を知っているのに隠していたんですか?」とチウはイボクに言いました。

 

イボクは「後から知ったことなので隠すつもりはなかったので信じてほしい。」と言いました。

「お義母さんもワンスンも信じられない。」とチウ。

「子供だってこれから作ればいいわよ。」とイボクがいうと、「お義母さんも手術のことを知っていたんですね?と」チウ。

「それなのによく言えますね?8年も私は騙されてきたんです、あなたとやり直すことなんかできない!」とチウ。

「君なしでは生きていけないよ!考え直してくれ!」と頼むワンスン。

「お父さん…。」とチウがいうと、「もう帰っていい。」とブハンは言いました。

 

イボクがチウを引き留めようとすると、ブハンは「あんなにチウはやつれてしまって!?」と怒鳴りました。

ワンスンは、「チウの心を取り戻してくる。」とイボクに話すと出かけてしまいました。

 

【イボク】ワンスンの母

イボクはワンスンに、「この先どうするのよ?」たずねました。

「何をしたらいいか考えられない。」と言うと、「チウになんとしても謝るように、張ってでもすがりなさい。」と言いました。

ワンスンに「チウの心を取り戻すように。」と言いつけると、「チウと二人だけで話したい。」とワンスン。

「なんとしても自分がチウを引き止める。」と話しました。

チウが帰った後に、「チウを追いかけなさい!」とワンスンに話していると、「チウの気持ちがわからないのか?」とブハンが叱りました。

 

【ブハン】ワンスンの父

チウに「お婆さん(ヒョシル)の具合はどうなのか。」電話でたずねると、「これから家に帰る。」と言われました。

「家族に話がある。」とイボクに知らせました。

ワンスンの様子を心配してイボクに聞くと、「理由なんてないわよ。」とイボクはこたえました。

チウの様子がいつもと違うので、何があったのかとイボクにたずねました。

チウが帰った後に、ブハンは一人で飲み屋に行きました。

 

【ジョンスン】ワンスンの弟、弁護士

オフィスの前でウンジュの会社の税理士に会うと、ジョンスンの機嫌が悪くなりました。

事務所からハヌルの声が鳴き声が聞こえるので、税理士は事務所に急いで戻りました。

ハヌルが熱を出したので、病院へ連れて行こうと税理士が話しているのをジョンスンは見ていました。

【ウンジュ】ジョンスンの元彼女

 

【サムスク】チウの養母

夜中にワンスンがたずねてきたので驚いてしまいました。

サムスクはワンスンにどうしたのかとたずねました。

ワンスンは「お義母さんしか寄る人がいない。」と、「お義母さんにチウを説得してほしい。」と言いました。

サムスクは「一体何をしたのか。」とワンスンに聞きました。

「チウがいなければ僕は生きていけない。」と言うと、「これまでチウはあなたのことを許してきたのに一体何をしたのか?」と聞きました。

ワンスンが来た理由は女性が原因だとわかると、サムスクは「帰ってちょうだい!これまであなたに目をつぶってきたのに、あなたが浮気をするなんて!?」とサムスクは怒って部屋を出て行ってしまいました。

 

【ジュア】サムスクの長女。母の金を持ち出して住まいを失う

ジュアは不吉な夢が当たったので、「お姉ちゃんを泣かせたのはお兄さん(ワンスン)だ。」と言いました。

ジュアは「あれは正夢だったのよ。」とジェヨンに得意そうに話しました

【ジェヨン】サムスクが経営する美容院の店長

 

第36話の感想と考察

第36話は大きな話題は2つありましたね!

一つはチウがワンスンに三行半を突きつけたのと、元嫁ユンギョンがジンユによりを戻したい理由を話していましたね!

まずはチウがワンスンに離婚話を持ちかけた場面ですね。

これまでにも、ワンスンが問題を起こして来てもチウが我慢してきたのですが、とうとう堪忍袋の尾が切れてしまいました…。

チウは純粋な夫を支えてきたけれど、裏切られた事が決定打になってしまいましたね!

ユンギョンについては、ワンスンと成り行きで付き合ってしまったにせよ、最初にきっぱり断らないから尾を引いてしまったのですよね…。

そして、チウに相談もなしに自己判断で不妊手術を受けていたから、不信感も募ってしまい、とうとう離婚届を持ち出されてしまいました。

もう、ワンスンの自業自得と見ていいのではないでしょうか?

チウの性格からして、正義感が強い女性なので夫の裏切りは許さないでしょうね。

この後ワンスンがチウの気持ちを取り戻すことができるでしょうか?

 

そして、ジンユは母親の犯した罪を自分も背負って、チェ家から出ようと決意しましたが、幼いギップムには理解できないことなので、ジンユは余計苦しむことでしょうか。

そんなジンユの気持ちを察して、ジェハクは家や会社に戻ってくるように声をかけてましたね!

ジンユのことを自分の息子だと言いきったジェハクは、懐の深い人ですね。

娘チユを窮地に追いやった妻ソンジュのことは許しがたいでしょうから、ジェハクの心境も相当つらいことだと思います。

 

そして元嫁ユンギョンがなぜ今ジンユの前に現れたのか、ようやく理由がわかりましたね!

ユンギョンの父親が具合が悪いので、父の会社の後継者として元夫のジンユに継いでもらいたいと考えていたのですね。

ジンユにコヨン物産で重要ポストに付いてもらえれば、また家族3人で暮らせるようになるとユンギョンが考えているのですが、ジンユはもう復縁するつもりがないと話していましたね!

 

ジンユはユンギョンとは考え方が違うので、一緒になれないということなんですね。

「ただ一緒にいるだけで元気になれる人」というのは、チウのことを言っているのですね!?

ジンユにとって心を癒やしてくれる女性はチウなので、ジンユの心のなかにユンギョンが入る余地はないということです。

ジンユの本心が聞けたのはいいことですが、兄妹という間柄で、母ソンジュがチウにした仕打ちのことを考えれば、チウの近くにいることもできない状況なので気の毒で仕方ありません。

偶然出会ったチウにあこがれて来たけれど、運命に左右されてしまったジンユはチウのことをあきらめてしまったのは心が痛みます。

でも本当にジンユはチウと離れ離れになってしまうでしょうか?

 

そして、覚悟を決めて家を出たソンジュは、どこに行くのでしょうか?

最後まで愛息ジンユのことを気遣っていたソンジュは、姿を隠すだけでしょうか。

次回の話の展開はどうなるのか、予告を見てますます気になってしまいました。

 

ということで、次回を楽しみに待ちたいと思います♬

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

【37話から続きはこちら⇒】

 

と、テレビ放送を見ていて気づいたのですが、ところどころカットされている場面があることに気づきました。

私はDVDでドラマを見たので気になりましたが、全話ノーカットのドラマ動画を見る方法があります。

マイヒーリングラブの動画を日本語字幕で1話〜最終話まで無料で見るには?

 

マイヒーリングラブのキャストや概要、最終回の結末(ネタバレ)が気になる方はこちらをどうぞ♪

マイヒーリングラブあらすじやネタバレのまとめ1話〜最終話まで全話!

 

▼その他にもこんな記事がよく読まれています

たった一人の私の味方ネタバレあらすじのまとめを1話〜最終話まで全話!

キンコンカンコン恋の始まり(韓国ドラマ)のあらすじや最終回の感想ネタバレは?

ブラックドック(韓国ドラマ)のあらすじや最終回の感想ネタバレは?

恋愛ワードを入力してください[韓国ドラマ]ネタバレあらすじ結末の感想は?

まぶしくて[韓国ドラマ]のあらすじや最終回の感想ネタバレは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です