マイヒーリングラブ5話6話あらすじネタバレ!33年間待ち続けた男とは?

韓国ドラマ「マイヒーリングラブ」の第5話と6話について、あらすじやネタバレ有りの感想をまとめています。

ドラマ放送を見逃した方や、テレビを視聴して共感されたい方に、わかりやすく解説しています。

マイヒーリングラブ第5話のあらすじやネタバレ感想は?

【マイヒーリングラブ 目次⇒】

▼マイヒーリングラブ各話のあらすじネタバレはこちらからご覧になれます

マイヒーリングラブのあらすじまとめ1話〜最終話まで各話はこちら

❥ジョンスンの真意

ウンジュは無事に男児を出産したので、出産に付き添ったチウは安心しました。

ワンスンは、ジョンスンやイボクに子供が生まれたことを知らせたのでした。

ウンジュは、子供が生まれたらジョンスンの気持ちが変わると思ったので、嘆き悲しみました。

両親に知らせると驚いてしまうので、口止めしてほしいといいました。

 

ウンジュがイボクに連絡すると、病院はどこなのかと怒ってしまいました。

ジョンスンは、ウンジュと子供を処理してほしいとチウに命じました。

ベトナムに親子に送って、養育費も払うとジョンスンはいいました。

俺の人生はどうなってもいいのかとジョンスンは聞き返しました。

チウは過ちは自分で解決してほしいとジョンスンにいいました。

 

しかし、隣のジンユとイユが病院に連れて行っているので、ウンジュを隠すことができないと説明しました。

別居してほしいと、正月も来ないでほしいとイボクはチウに命じました。

ジョンスンは外国に送ってほしいとチウに頼んだのでした。

チウはどうして良いか悩んでしまい、そしてジンユに恩があったことを忘れていたことに気づきました。

ジンユは車の助手席に、チユのパワーショベルの免許証が落ちている事に気づきました。

 

ワンスンに説得するようにチウが頼んだのですが、相手にされませんでした。

父ブハンに同説明すればいいのかチウは困ってしまいました。

チウは、ブハンに出産したことを知らせたのでした。

ジョンスンはイユを昼食に誘って、事務所に来るようにいいました。

チユはウンジュが帰る家がないというと、ベトナムに行けばいいとジョンスンはもうほっといてくれないかといいました。

 

チウは事務所に行くと、ジョンスンとチウが食事をしているのを見てしまいました。

ジョンスンは後4回あったらプロポーズするということを聞いて、ありえないと呆れてしまいました。

するとイボクが訪ねてくると、イユが来ていることを知り驚いてしまいました。

イボクはチユと挨拶を交わして、交際している相手だと話したのでした。

そして正式に挨拶をしたいとイユにいいました。

会長のヒョシルはオ弁護士を家に呼んだので、嫁のソンジュが何事かと見ていました。

ジンユがコンジュを探す前に遺言を修正すると説明したので、それは反則でしょうとソンジュは思いました。

 

(感想⇒チウの義弟のジョンスンは、ウンジュの子供を認めようとするどころか、存在を消して欲しいとまでいうので、自分の野望のためにひどいことをする冷酷な人間なのですね。

母親イボクと息子ジョンスンがタッグを組んで、ウンジュと子供を追い出そうとするので、チウは黙ってみてられないわけです。

ジョンスンが狙う令嬢イユは、ジンユの妹というのはあまりにも偶然すぎますは、真実がわかれば破談になるのは目に見えていますよね。

また、チェ家の嫁ソンジュは行方不明の娘コンジュについて何か事情を知っているような感じです。

ソンジュとコンジュは何かの確執があったのでしょうか?)

 

❥真実を告げると

チウはジンユから連絡をもらって会うことになりました。

チウは立て替えてもらった病院代を返すと、赤ちゃんは無事に生まれたのかと聞かれて困ってしまいました。

ジンユは妹に結婚相手がいることを話題にしたので、チウは本当のことを言わなければと思いました。

チユは妹イユについて話をはじめました。

パクジョンスンは義の弟で、深刻な問題があると話を切り出しました。

 

チウは妊婦が生んだ子供はジョンスンの子供でつい最近知ったことだと説明しました。

するとジンユは、パク弁護士はイユに何食わぬ顔で会っていたのかと怒ってしまいました。

そしてチウに、黙って免許証を差し出すと帰ってしまいました。

ジンユは、最低な男だと怒りがこみ上げてきたのでした。

街を歩いていると、イユの義弟ジュチョル(サムスクの長男)がチウに声をかけたのでした。

 

(⇒間違ったことは正さないとすまない、正義感の強いチウはジンユに真実をバラしてしまいましたね。

いつまでも嘘を隠していると、時間が経てばさらに事態は悪化するので、チウが勇気を出して告白したことは懸命だったと思います。

せっかくジンユといい関係が築けそうだったのに、残念な事になってしまいましたね。)

 

❥ジンユとコンジュの関係

ジンユは母ソンジュが会社に訪ねてきたので、コンジュの話をしました。

34年前にソンジュが再婚して、初めてパク家にやってきた日のことを思い出していました。

ジンユはジェハクの長女のコンジュが親切にしてくれたので、新しい家庭に馴染めたといいました。

ソンジュが帰ろうとすると偶然弟と会社に来ていたチウにあいました。

チウは気まずい思いをしながら、隣家のソンジュに挨拶をしました。

 

(⇒ジンユの母ソンジュとチウは、なにか運命がつながっていそうな予感がします。

長女コンジュが行方不明になったのと、チウは両親がわからなくて捨てられているところをワンスンが育てたというので、何か繋がりがありそうです。)

 

❥ウンジュの子供騒動は?

ジンユはイユと会って、妊婦の子供の父親がパク弁護士の話をしたので信じられないと驚いてしまいました。

イユはなにかの間違いだというと、ジンユは家族から聞いた話だといいました。

一方病院で、チウの養母ワンスンがウンジュの世話をしていました。

ウンジュは両親に話したほうがいいと、パク弁護士を説得するには家族がいたほうがいいといいました。

ワンスンはウンジュは強そうなので、問題は解決するだろうと思いました。

 

すると、イボクが赤ちゃんを連れて帰ろうと病院に現れました。

イボクがしっかり育てると言って連れ去ろうとすると、ウンジュが止めたのでした。

「病院のベッドの上で、のん気に計算機を叩いているつもり?」とイボク。

さらに、「次は誰の子供を生んで、他人の人生を壊す気なのよ?」とイボクがいうと、見かねたワンスンが口をはさみました。

イボクはお宅には関係ない話だと、耳を傾けようとしませんでした。

そしてイボクは、早く子供を連れてくるようにいうと、「子供をダシにして、私達をゆすろうとするつもりか?」とウンジュにいいました。

 

そこに、イボクの夫ブハンが訪ねてきて、イボクに黙って家に帰れと怒鳴ってしまいました。

ブハンは、ワンスンに妻の非礼やジョンスンのことで迷惑をかけたので謝りました。

チウは子供時代のことを思い出していました。

思い出した記憶は誰かの家で真珠のネックレスを付けていることを思い出したので、友人はどこかのお嬢様なのかとからかいました。

 

イユは、ショックで二度と恋愛はできないと、涙を流していました。

母にどう言えばいいのかと困ってしまいました。

警備員のジュチョルは、会社に戻ってきたイユの泣きはらした顔を見て、黙ってサングラスをかけさせたのでした。

イユは鏡で自分の顔を見ると、泣きはらして化粧が崩れていたので驚いてしまいました。

 

チウの妹ジュアは、姉が金持ちで兄が弁護士なので、彼氏に融資の話を進めてしまいました。

ワンスンは女性が言いがかりをつけて困ってしまいました。

その後女性は酔っていてワンスンに絡んで離れないので、困って警察署に駆け込みました。

チウはブハンにイユに家族に全て話したと言うと、ブハンは謝りました。

そしてブハンは、ウンジュのためにお金を渡してほしいとチウに頼みました。

ブハンは、ウンジュが退院したら自分が面倒を見るから連れてくるようにいいました。

 

(⇒ジョンスンの母イボクの本性がとうとう現れましたね!

ウンジュの子供をとって食おうとする勢いでしたから、ウンジュと子供の存在は隠したがっているのは母イボクも同じでした。

財閥の財産を狙う野望が、一挙に爆発してしまいました。

もともと妻イボクと意見が合わなくて別居したのでしょう、夫ブハンはまっとうな考えを持っていたので、救われました。

息子の責任を取る父親ブハンと、息子の未来のために事実を隠そうとする母親イボクの対立が見ものになるでしょうか。

チウの母親ワンスンも黙ってみていられない性格なのですね。さすがチウを育てただけあって、情け深い人なので良かったです。

もう、相手の家族に話がバレているので、ジョンスンは子供を認知するしかないと思いますが、野心家なのでまだ企みがあるのかも知れません!)

 

▼マイヒーリングラブ各話のあらすじネタバレはこちらからご覧になれます

マイヒーリングラブのあらすじまとめ1話〜最終話まで各話はこちら

 

マイヒーリングラブ第6話のあらすじやネタバレ感想は?

❥とうとう修羅場に

ジョンスンの事務所に、イユ令嬢が訪れました。

イユは掛け軸の「百選全勝」という文字を見て、「偽りなく人を騙すこともあるね?」とジョンスンにたずねました。

すると不意にイユはバッグでジョンスンの頭を叩いて、「子供が生まれたのに知らないふりをして最低な男よね?」と怒鳴りました。

「知らなかったんだ、一人で言えなくてずっと苦しんでいた。」とジョンスンの苦しい言い訳をいいました。

「あの女が君を苦しめることはない、どこか遠くにおいっやってしまえばいい。」とジョンスン。

イユはジョンスンのほおを叩いて、「今のうちに本性を知ることができたのは神様の助けだわ!」と言って出ていってしまいました。

 

(感想⇒チウがジンユに、パク弁護士(義弟ジョンスン)に隠し子がいることを告白してしまったので、騒ぎが大きくなってしまいました。

パク弁護士は、ウンジュ親子を外国に送って存在を隠そうとしていたのに、早々に周囲に知られてしまい大騒動となりましたね。

ジョンスンは隠し通せる話ではないので、早く相手に分かった方が被害が最小限で済むと判断を下したチウは懸命な行動だったと思います。

ただし、事態が大きくなってしまったので、姑イボクから猛攻が来ることは予想されますね!)

 

❥とばっちりにあうチウ

夫ブハンは嫁イボクに追い返されそうになり、「自分の子供を育てる資格もないから野菜も作れないし、家にベビーベッドが入る余地はない。」と言いました。

すると、「いい加減にして!」とイボクは怒鳴って追い出そうとしまいました。

ハンスグループの名誉会長ヒョシルは、「行方不明の娘コンジュを待っていたい。」と家族に話しました。

「私は(娘を見失ったので)、罪人よ。」と、ヒョシルはいいました。

「もしもわざと見失ったのなら、天罰が下されるでしょう。」と、ヒョシルはいうと、ジンユは「家族皆で無事を祈ります。」といいました。

ヒョシルはパク弁護士の家族と食事をしようと話を進めていることを話すと、イユが何も決まっていないのに先走らないでほしいといいました。

「家族で顔合わせはしないので、もし話が出たら断ってほしい。」とイユはきっぱりといいました。

ジョンスンから謝罪のメールが届いても、信じられないとイユは思いました。

 

隣に引っ越してきたのも家族ぐるみで仕組んだのだと、イユは疑ったのでした。

自分の子供が生まれたのに黙っているなんて、結婚詐欺で家族全員を訴えてやると、イユはジンユに話しました。

イユは「誰が話してくれたのか、その人は訴えないので名前を教えてほしい。」とジンユに聞きました。

ジンユは、聞かなくていいと答えました。

 

赤ん坊を生んだウンジュは、ジョンスンの家に行ってもいいとお許しが出たことをチユが伝えると、「パパのうちにもうすぐ行かれるわよ。」とわが子をなでで喜びました。

ジョンスンは、イユに電話をしても留守番電話になっていて応答がありませんでした。

ウンジュがパク家に来ると、「消え失せろ!」とジョンスンは怒鳴りました。

「この女に人生を狂わされた。」とジョンスンが言うと、「どうか許してください。」とウンジュが懇願しました。

さらに「努力してジョンスンさんに尽くすので、どうか嫁としてこの家においてください。」と母イボクに懇願しました。

すると隣家が騒がしいので、ヒョシルとジンユが隣のチェ家の様子を見に行きました。

 

そして、「誰の子供だって?言ってみなさいよ?いいなさいよ!」とヒョシルがジョンスンの髪をつかんで怒鳴りました。

止めようとしたチウはヒョシルにふっとばされてしまい、ジンユがチウを助けたのでした。

ブハンは「隣のパク家は何もかも知っているので、結婚はもう諦めろ。」とイボクに話しました。

イボクとブハンは騒ぎを聞きつけて外に出ると、ヒョシルとジョンスンが争っていました。

「警察に行くわよ!詐欺師1家め!全員突き出してやる」と、ヒョシルは怒鳴りました。

チウはウンジュと赤ん坊を家に入れて休ませると、イボクがチウに「今すぐ出ていきなさい!」といいました。

イボクは「あの女(ウンジュ)を追い出してやるから。」と言うと、ジョンスンは「あんなのと一緒に暮らせるか、俺はこんな家族とはうんざりだ。」と家を出ていこうとしました。

「厚かましいわね!でていきなさいよ!」とウンジュを引っ張り出して、イボクは家から追い出そうとしました。

するとブハンは、「いいかげんにしろ!」とイボクを一括したのでした。

 

夫ワンスンは「なるようになるさ、あの客のせいで体中がいたい。」と嘆きました。

チウはキッチンにいくと、イボクはジョンスンが家を出ていってしまったのに喉が通るのか、といいました。

あの時病院であなた達親子を見かけなければよかったと、イボクはいいました。

そして、「私達家族をメチャクチャにして!」といって、チウを裸足で表に追い出してしまいました。

 

家を追い出されてチウが途方に暮れていると、ジンユがチウのところに現れて、自分の靴を持ってきてはかそうとしました。

チウは「ツボを刺激しようとして、裸足ででてきました。」と逃げていこうとしたので、「錆びた釘でも踏んだらそれこそ破傷風になる。」と靴を履かせました。

そしてジンユはチウを靴屋に連れて行って、サンダルを買ってあげました。

何も持たずに追い出されたチウをみて、それでは朝食も食べれないといってジンユはお金を借してあげました。

そして、携帯も貸してほしいとジンユに頼みました。

ワンスンは携帯にかかってきた知らない番号に出ることがありませんでした。

 

チウは夫が携帯に出ないので、困ってしまいました。

チウはコンビニ店で朝食を買って、ジンユにも食事を渡しました。

「(チウはパク弁護士に子供がいたことをジンユに教えてくれたこと)感謝してます、(教えてもらったのに)怒ってすみませんでした。」とジンユはチウに謝りました。

妹が感謝しているので、実家でチウは大変な目にあっていることをジンユは心配しました。

ジンユは、ころんだ時に擦りむいた足のケガを、ジンユが手当をしてくれたのでした。

チウはお世話になりっぱなしだと、しっかりしなければと思いました。

 

(⇒チウが話してしまったので、姑は激怒して家を追い出してしまいましたね、しかも裸足とはひどいです。

しかし、チウの処遇を予測していたジンユはすごいですね!

路頭に迷っていたチウをすぐに助けてくれて、ジンユの存在は大きいですね!

ジョンスンは、自分の野望のために、妨げるものはたとえ赤ん坊であっても排除してしまうところは母親イボクと同じ冷酷な心の持ち主でしたね!

ジョンスンの企みに気づいたイユは騙されなくてよかったので、妹を助けてくれたジンユはチウに大きな貸しができてしまいました。

これから姑のひどい仕打ちにあいそうなので、チウのことが心配になりますね!夫ワンスンは全く頼りにならないので、ジンユが味方になってくれてよかった。)

 

❥パク弁護士の野望

ジンユとチウは会社で新作の服のデザインを探すことになりました。

チウはジョンスンが会社にたずねてきたので、もう別れたからパク弁護士のことはもう頭から消してほしいと部下にいいました。

しかし、パク弁護士は、イユではなくて社長に直接会いに行きました。

イユはジョンスンが社長室に言ったので驚きました。

イユは、警備員ジュチョル(チウの義弟)に、サングラスで隠すようにしてくれたことにお礼を言いました。

しかしイユは泣いてなんかいない、といいはりました。

イユは父がパク弁護士を呼んだことを知って、文句を言いに行こうとするとジンユに止められました。

 

「お許しください、二度としません。ハンスグループに役立つ弁護士として働いて身を捧げます。」とバク弁護士は社長のジェハクに謝りました。

すると、「イユではなくて、ハンスグループが目的か?黙れ!」と一喝しました。

ハンスグループのことを外部で漏らしたら弁護士でいられなくなるからと、社長は怒りました。

するとジョンスンは、「10年以上社長なので、会長の婿でなく私を使って右腕になるのでのし上がってください。」と頼みました。

すると、「弁護士の風上にも置けない。」と社長はとうとう怒ってしまいました。

ジョンスンは帰り道に、悔しがって怒りがこみ上げて来ました。

 

(⇒パク弁護士がイユに近づいたのは、やはり財閥ハンスグループが目当てだったのですね!

母親イボクと同じで金目当てで縁談を進めていたので、ウンジュの出現では段となってしまいましたね!

しかし、ウンジュも言われてばかりでなく引き下がらない様子なので、パク家から離れることはなさそうです。こちらも手強いですから、ジョンスンはどう判断をくだすでしょうか?)

 

❥破談の行方は

イボクは女友達が突然遊びに来たので、寄ってたかって私をいじめないでと怒ってしまいました。

ワンスンは、今日はチウの実家に言って食事をしようとチウに言いました。

すると、ワンスンのもとに女性チャン・ミヒャン(ワンスンの女友達)がたずねてきました。

一体何のようですか?と女性にたずねると、「私の好きな色はなんですか?」とワンスンをからかいました。

チウは、食材を買い込んで実家に戻りました。

 

チウの養母サムスクは、「お義母さんが大騒ぎしていたけれど、家にいるのよね?」とたずねました。

チウの義妹ジュアは怠けてゴロゴロしているので、サムスクは娘に小言をいいました。

美容院の客から、店を担保にして投資してみたらどうかと言われましたが、市場でタコも買えないので投資できるはずがないと答えました。

するとジュアは電話をしているのを聞いて、チウは呆れてしまいました。

ジュアは演技の仕事がもらうために、お金を貸しているのでした。

チウは男と電話しているのを聞いてジュアに、その人はだめだから目を覚ましなさい、ととがめました。

ジュアはチウに口答えしたあとに、泣く演技の練習を始めたのでとうとう怒ってしまいました。

 

一方チェ家では、社長ジェハクはジョンスンの言葉を思い出していると、ジンユにどうなったのか聞かれました。

きつく叱ってあげたとジンユに話しました。

 

チウの夫ワンスンは、職場に訪れた女友達のことを思い出して、にやけてしまいました。

裸足で追い出されたことをワンスンが喋っていたので、サムスクがむしゃくしゃしてチウに当たったことを怒ってしまいました。

サムスクはワンスンに今すぐ帰れというと、これから一緒に行って講義してやるといいました。

サムスクはワンスンが何もしないので、怒鳴っていると、ジュアは食事をしようというとますます怒ってしまいました。

チウはイボクに話をしにいくと、「家を追い出したのに、口が達者なこと。」とイボクが言いました。

「財閥が相手なら執行猶予は逃れられない。」とチウ言うと、「この縁談はあんたがぶち壊したんだから早くでていきなさい!」とイボクが言いました。

ワンスンが「チウは俺が守る。」というと、イボクにはたかれて鼻血を出してしまいました。

 

ジェハクとジンユは、運動した後に二人で飲みに行ってごきげんでした。

店のおばさんが万年課長で苦労しているねというと、ジェハクはジンユに目配せしました。

正体がバレたら大変なことになるとジンユが心配すると、ジェハクはバレたらつまみがなくなると心配しました。

パク弁護士に婿養子だと言われたので、ジェハクは劣等感があると愚痴をこぼしました。

すると、ジンユは33年も待ち続けて未だに結婚できない男がいると店員に話を持ちかけて、父親を慰めようとするのでした。

 

(⇒ジョンスンとイボクの企んだ政略結婚は、チウの告発によって防ぐことができましたが、後始末が大変なことになってしまいました。

ジョンスンは、まだ諦められないので娘の縁談ではなくて、社長ジェハクの弱みを利用しようとするから腹黒いですね!

弁護士だけに、あの手この手の方法でハンスグループの地位を狙ってくるのではないでしょうか?

ジンユの父ジェハクは行きつけの飲み屋の女将に、自分の身分(財閥の会長)を隠している所が面白かったですね。

驕り高ぶることのない父親の性格は、息子ジンユに受け継がれたのでしょう。

そして、こんなひどい状況になって、チウは姑イボクとの関係は戻すことができるのか不安ですね。

ワンスンはまったくもって頼りにならない亭主なので、チウの苦労はまだ続くことになりそうです。

お隣の心優しい青年ジンユがチウの味方になってくれるので、安心してみていられますがこの先まださらなる問題が起きそうですね!続きが見逃せなくなりました。)

 

まとめ

ウンジュが出産すると、家族が巻き込まれて大騒動となってしまいましたね…。

身内の失態にチウは黙って見てられなかったので、真実をジンユに打ち明けてしまったのでさらなる問題が起きそうです。

弟ジョンスンだけではなく、チウの夫ワンスンも何やら秘密を抱えているので、チウに平穏な日々は訪れるのでしょうか?

パク弁護士と母イボクは、ハンスグループの財産を狙っているのでまだ諦めようとはしていませんから、これからも目が離せないですね。

そして、窮状に陥ったチウはパク家の嫁として戻れるのでしょうか?

嫁いびりがますますひどくなりそうで心配になったので、続きが気になって仕方ありません。

 

と、テレビ放送を見ていて気づいたのですが、ところどころカットされている場面があることに気づきました。

私はDVDでドラマを見たので気になりましたが、全話ノーカットのドラマ動画を見る方法があります。

▼マイヒーリングラブを無料視聴する方法はこちら

マイヒーリングラブあらすじやネタバレのまとめ1話〜最終話まで全話!

 

▼マイヒーリングラブ各話のあらすじネタバレはこちらからご覧になれます

マイヒーリングラブのあらすじまとめ1話〜最終話まで各話はこちら

 

▼その他にもこんな記事がよく読まれています

恋愛ワードを入力してください[韓国ドラマ]ネタバレあらすじ結末の感想は?

マンホールの無料動画を日本語字幕で1話〜最終話まで見るには?

パーフェクトカップルの無料動画を日本語字幕で1話〜最終話まで見るには?

ナインルームの無料動画を日本語字幕で1話〜最終話まで見るには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です