たった一人の私の味方ネタバレあらすじ13話14話15話!ドランの揺れる気持ちは?

韓流ドラマ「たった一人の私の味方」を実際に視聴して、あらすじ(ネタバレを含む)や感想を13話14話15話まで書いています。

ドランに交際を申し込んだデリュクには、母ウニョンが紹介したお見合いの相手がいるので二人の距離は離れていくのでしょうか。

ドラマを見逃した方や、実際に視聴して共感されたい方に、わかりやすく話をまとめています。

 

【たった一人の私の味方 目次⇒】

▼たった一人の私の味方の各話ネタバレあらすじはこちらからご覧になれます。

たった一人の私の味方ネタバレあらすじのまとめを1話〜最終話まで全話!

 

たった一人の私の味方のキャスト

たった一人の私の味方に登場する主な人々です。

カン・スイル/キム・ヨンフン役:チェ・スジョン ドランの実の父。ワン家で運転手として働く。

キム・ドラン役:ユイドンチョルとヤンジャの家の長女。ミランの姉。

ワン・デリュク役:イ・ジャンウ フード会社の本部長。

ワン・イリュク役:チョン・ウヌデリュクの弟。アメリカの名門料理学校 出身。

パク・グムビョン役:チョン・ジェスン デリュクの祖母、ボム・フードの顧問。

ワン・ジングク役:パク・サンウォン デリュクの父親、ボム・フードの会長。

チャン・ダヤ役:ユン・ジニホンシルの娘。ゴレの妹。イリュクの彼女。

キム・ミラン役:ナ・ヘミ ドンチョルとヤンジャの家の次女。ドランの妹。

チャン・ゴレ役:パク・ソンフン ホンシルの息子。ダヤの兄。歯科医師。

キム・ドンチョル役:イ・ドゥイル ドランとミランの父。ヤンジャの夫。

ソ・ヤンジャ役:イム・イェジンドランとミランの母。ドンチョルの妻。

ウニョン役:チャ・ファヨン デリュクの母親。

ユジン役:イム・ジヒョンドランの友人。

ナ・ホンジュ役:チン・ギョンホンシルの妹。

 

13話のネタバレあらすじ&感想

【ネタバレあらすじ】カン・スイルは街で偶然、かつて親子で住んでいたアパートの大家の女性に出会いました。

大家さんはスイルがその後出所していることを知らなかったようで、なぜ娘のドランに会おうとしないのかと気にかけていました。

スイルは大家さんにもう自分や娘のドランのことは忘れて欲しいとお願いをしたところ、大家も自分が同じ立場だったら同じことを考えるだろうと話しました。

スイルはドランを育ててくれたドンチョルの墓前で、ドランやドンチョルの家族を近くで見守る事を誓ったのですが‥

 

デリュクの父親ジングクは、母親グムビョンの介護問題で妻のウニョンと意見が合わなくなり夫婦喧嘩となってしまいました。

ジングクはウニョンに、自分の母親を介護施設に入れたくないことを話すが、ウニョンのこともまだ愛していることを伝えて、夫婦は和解したのでした。

ウニョンは夫が母親の肩を持つので、もう家に誰も味方はいないと不安に感じていたのですが、夫の気持ちを聞いてようやく元の鞘に戻ったのでした。

 

ドランは家に強引に居候している母ソ・ヤンジャと妹ミランが、自分のクレジットカードで100万ウォン(約92136円)を勝手につかってしまったので、たいそう腹を立ててしまいます。

会長のジングクからググムビョン世話でお礼にもらったお金100万ウォンで、友人のユジンに借りたお金を返すつもりだったのでした。

ドランはヤンジャのことを泥棒呼ばわりしたことで、ミランがカンカンに怒ってしまい家を飛び出してしまいます。

 

一方デリュクの見合い話は順調に進み、相手の令嬢スヒョンはデリュクがお気に入りのようで、結婚話を進めようと積極的になっていました。

デートで自宅に送り届けるときに、スヒョンはデリュクに別れ際にキスをするところをカン運転手に見られてしまいました。

 

家を飛び出したミランは河原でやけ酒を飲んでいると、ダヤの兄のゴレと偶然会ってしまいました。(ゴレとの出会いは3回目。)

ミランが空き缶を投げたところ、頭に当たりゴレは怒ってしまいましたが、まだ以前に公園でお金を渡した人だったとは気づいていないようです。

 

ウニョンはドランに義母グムビョンの妹として代わりになってほしいと頼んでいたのですが、ドランは必要なときにお世話に行かせて欲しいと話して、ウニョンの頼みを受けてしまいました。

スイルはドランのことを心配するが、ドランはグムビョンに呼ばれるたびに自分を車で送り迎えをするスイルに申し訳ないと思っていました。

スイルは送り迎えのためにドランとドライブできるので、苦にならないと思っており、ドランもスイルと話ができることを快く思っていたのでした。

 

ドランは同じ秘書室のホン秘書と、会社で公募しているメニュー開発のために2人で調理室にいくことになりました。

レシピの料理を作っているときに、フライパンから突然高く炎が上がり防火装置が作動して、火災警報を鳴って社内は大騒ぎと鳴ってしまいました。

デリュクは調理室の火災事故を知り、ドランが心配になって駆けつけるのでした。

幸いドランたちは怪我がなく済んだのですが、デリュクはようやくドランを想う自分の気持に気づいたのでした。

 

その後デリュクは、婚約者のスヒョンに会いましたが、まだ結婚を考えていないので別れようと伝えます。

スヒョンは驚いて、結婚する気がないのなら最初に言ってほしかったと怒ってしまうのですが、デリュクは自分が努力をすれば結婚できるかもしれないと考えていました。

ところがボヤ騒動の一件で、デリュクはドランのことを、好きになっている自分に気づいたのでした。

 

ドランは妹ミランのために学費を工面してあげることを約束しましたが、お金を稼ぐために会社とグムビョンの世話係のダブルワークを始めたのでした。

家の事情を知らなかったデリュクは、なぜ家にドランが来て寝泊まりをしているのか驚いてしまいました。

その後、祖母グムビョンの世話をするためにドランが来ていることを知り、デリュクはドランとの距離がますます近づいているところで、第14話に続きます。

 

【感想】カン・スイルは自分の正体を隠して、ドランの近くでそっと見守るつもりだったのですが、自分の過去を知るアパートの大家の登場によって、動揺が隠せない様子でしたね。

はじめはドランのためにスイルは姿を隠そうと考えていたのですが、一人ぼっちで不安そうにしているドランのために近くで見守ろうと決心したのですからね。

今後自分が犯罪者だったために正体がいつかバレるのではと、心配になります…。

 

しかしドランの育ての母ヤンジャは娘に迷惑をかけていることに全く気づいていないのか、わざと嫌がらせをしているのかわからない人ですよね!?

ヤンジャはドランの行く手を邪魔することばかりしているので、早く親子の縁を切ってもらいたいものです。

でもドランは我慢して、しかも妹の援助までしようとするのですから、本当に心優しい女性なんですね!

 

妹のミランはダヤの兄ゴレと3回も偶然に出会うことになり、これから2人は恋愛に発展していきそうな予感がします。

ミランはゴレに「空き缶女」と呼ばれていましたが、最悪な出会いをしているところはドランとデリュクの出会いに似ていますよね!?

ドランは血の繋がりがないとわかった妹ミランのために、学費を立て替えてあげようとするのでとても感心しました。

この母娘はまだドランの足を引っ張っていくような予感がします。

図々しく居座るヤンジャを見ていると、なぜだか憎めないキャラクターなので不思議ですね!

 

デリュクの母親ウニョンは、夫婦喧嘩が和解できたので良かったです。

夫のジングクから「ウニョンお前しかいないんだ。」と言われたら、妻ならうれしいではありませんか!?

夫の胸を小突いていたところを見ると、ウニョンは可愛らしい奥さんですよね。

でも姑のグムビョンの介護をドランに押し付けているようで、ウニョンもヤンジャと同じく自分のことしか考えていないのですから困ったものです。

ドランとデリュクの距離がますます近くなってしまいましたが、2人はこれからどのように恋の進展があるのか次回が気になって仕方ありませんね。

 

▼ドラマを動画でじっくり視聴したい方におすすめの方法です。

たった一人の私の味方の動画を日本語字幕で全話無料視聴するには?

 

14話のネタバレあらすじ&感想

【ネタバレあらすじ】キム・ドランは、デリュクの祖母グムビョンのために、時々泊りがけでワン家で世話をするようになりましたが…。

会社に出社するためにカン・スイルが車で送ろうとすると、デリュクが会社へ行くのだから自分が連れて行くとドランを乗せていきました。

車の中ではデリュクはドランと話を合わせようとして、本当は好きな季節は秋なのにドランが春が好きというと自分もそうだと言いました。

心配そうにドランを見送るせつなそうな顔をしていたカン運転手を見て、家政婦のミス・チョが「まるで、娘を嫁がせる父親みたい。」とからかわれたのですが‥

ドランは通勤のためにバスに乗っていると、デリュクは一緒に同じバスに乗っているではありませんか?

ドランになぜ会社へ自分の車で行かないのか聞くと、デリュクは車がパンクして修理に出したからと嘘をついてしまうのでした。

 

デリュクの祖母グムビョンは、ドランにお礼がしたくて仕事中にデパートへ連れていき、ドランに好きなものを買ってあげようとするのですが、高額な品物を買ってあげようとするのでドランは遠慮してしまいます。

買い物中にグムビョンは急に記憶を失って、ドランを妹だと思い込み遊園地へ行きたいと連れて行くのでした。

ドランはデリュクの父に遊園地へいくことを伝えると、デリュクも一緒に行くようにに命じるのでした。

グムビョンはデリュクが現れると、「2階に住む青年」と思っているようでした。

スイルは、デリュクがドランのことをずっと見ていることに気づいたのでした。

スイルは、ドランがグムビョンと楽しそうに遊んでいる姿をながめながら、ドランのことを本当に愛おしく思っているのでした。

 

ワン家に戻ったグムビョンは、ドランと遊園地へ行ったことをまるで憶えていなかったのですが、楽しい時間が過ごせたことで満足しているようでした。

話を聞いていた嫁のウニョンは、義母が幸せでも周りが苦しんでいるのだと快く思っていませんでした。

ドランを交えてデリュクの一家は、まるで一家団らんを過ごしてるような様子でした。

部屋の外で立ち聞きしていた次男イリュクの嫁ダヤは、どうやら面白くない様子です。

 

翌朝デリュクはドランを会社まで送ろうとするのですが、ドランは周囲の目があるので遠慮します。

スイルが代わりにドランの家に送ると、出迎えた母のソ・ヤンジャが勘違いしてスイルを攻め立ててしまいます。

ヤンジャは事情を知らなかったので、スイルに失礼があったことを誤りましたが、ドランが話をしてくれなかったことに腹を立ててしまいました。

ドランは母の非礼をスイルに謝ると、母親のヤンジャは娘を心配してのことなので大丈夫だと言いました。

スイルも、若い娘に悪い虫がつかないようにドランを心配するのでした。

 

ミランはある日偶然レストランで、ダヤの兄のゴレを見かけるのでした。

でもゴレはダヤのことに気づいていないような様子でした。

 

デリュクの見合い相手のスヒョンがある日デリュクのもとへ会いに来て、なぜ見合いを断ったのか理由を聞きました。

ドランは会社の前で婚約者のスヒョンを目撃して、デリュクのことを案じます。

デリュクは、結婚をするなら心の通う人としたいといい、結婚するには気持ちが大事だということを伝えたのでした。

スヒョンはお互い良いパートナーになれたのにと伝えて、帰っていったのでした。

 

ある日、ウニョンと友人のホンシルがでかけたときに、ホンシルの妹ホンジュも付添で来たのですが、偶然道でバイクと接触して転倒しそうになりました。

近くにいたスイルが、とっさにホンジュを抱きかかえて助けたのでした。

ホンジュは、なき夫のフレディに似ているスイルを見て、気持ちが大きく揺らいだのでした。

 

勤め先の会食の帰りにデリュクは、ドランの家までついて行ってしまいます。

飲み会で夜遅くなり家まで送るというのに、ドランはいうことを聞かないとデリュクというのですが、突然ドランに自分の気持ちを告白するのでした。
デリュクは、ドランのことが好きなので、これから付き合って欲しいと話しました。

【感想】今回は、デリュクが一歩踏み込んで、ドランに自分の気持をついに告白をしましたね!

最初はそれこそ2人は最悪な出会いをした間柄でしたが、不思議な縁で次第に近い存在となっていくうちに、お互いに惹かれ合っていったのですね!

普通の人の話でしたら2人が出会いカップル誕生となってもいいのですが、ドランとデリュクになるとあまりにも身分が違いすぎるではありませんか!?

 

今後カップル成立になるためには、周囲の様々な障害が待ち受けているのではないでしょうか?

デリュクの母ウニョンや、小姑のダヤが二人に結婚を快く思わないでしょうか。

しかしワン家で権力のある祖母グムビョンや、会長のジングクがドランの味方になってくれるとは思います。

 

ドランの本当の父スイルは、娘の幸せを一番に願うのですが、相手がデリュクとなると心配に思うでしょうね。

会長の母と一緒に遊園地へでかけたときに、スイルの頭にはかわいいクマの耳飾りがついていたのでウケましたね!

デパートでドランが買い物をしているときに、戸惑いながらも嬉しそうな顔のドランを見て、スイルが思わずはにかんだところがよかったですね!

実の娘ドランが愛おしくて仕方なくて、情け深い人だと思いますが、そんなスイルは過去に大罪を犯した人物だとは想像できません。

 

また、ドランが朝帰りをしたと勘違いをして、スイルが母ヤンジャからとばっちりを受ける所も面白かったですね。

ヤンジャは後からスイルに謝罪をするのですが、イケメンが現れたのでまんざらではない様子でしたからモテモテです。

また、スイルは新たな出会いをすることになるのですが、相手の女性ホンジュというのはスイルが事件を起こした被害者家族なので、こちらの手合もややこしくなりそうです。

スイルの正体がわかったときこそ、修羅場になりそうです‥ホンジュ流にいえばまさに「オーマイガッ!?」

デリュクとドラン、そしてドランの妹のミランとホンシルの長男ゴレ、また同時進行でドランの実父スイルとホンジュと様々な出会いを通してこれからどのような展開をしていくのか、次回まで気になって仕方がありません。

 

▼ドラマをイッキ見がしたい方におすすめの方法です。

たった一人の私の味方の動画を日本語字幕で全話無料視聴するには?

 

15話のネタバレあらすじ&感想

【ネタバレあらすじ】デリュクはドランに自分の気持を告白したのですが、ドランはまともに取り合おうとしませんでした。

ドランは、デリュクがの飲んで酔っているからそんな冗談を言っているのだと思ったのでした。

デリュクは大企業の令嬢と見合いをしているのだから、自分がバカにされたと思いドランは怒ってしまいました。

2人のやり取りをしているところをグムビョンのお使いで訪ねてきた運転手のカン・スイルが偶然聞いていたのですが、デリュクのことを信用できませんでした。

 

スイルは、デリュクはお見合いをした娘と付き合っているので、二股をかけようとしているのだと思っていたのですが‥

ドランの母親のソ・ヤンジャは、「ドランは仕事を頑張っているから、自分たちは贅沢させてもらっている。」と感謝していることを言うと、ドランは以前のように怒らなくなったのでした。

こんなに認めてもらっているので仕事を頑張るようにと、ヤンジャはドランを励ましたのです。

 

その後にスイルはドランの身の上を案じて、デリュクとスヒョンの2人の会話を偶然聞いてしまったことを伝えます。

デリュクはその後、お見合いを断ってドランと真剣に付き合いたいと、二股をかけているのでないとスイルに説明をしたのでした。

翌朝会社でデリュクはドランに昨日話したことは本気で、誰とも今は付きあっていないことを伝えました。

ドランは自分に言い寄る理由はどうしてなのかと責めて、デリュクは自分がまだ誤解されていることを悩んでしまいます。

 

ドランの家に居候している母ヤンジャと娘ミランは仕事を見つけて働こうとしていました。

ヤンジャが面接に行ったブティック店は、なんとホンシル(事件の被害者の妻)の店でした。

一方ミランはネットカフェでアルバイトを始めたのですが、ホンシルの長男ゴレが偶然にも店にやってきて驚いたのでした。

ゴレは以前に2人の間でトラブルを起きたことを憶えていない様子でした。

 

デリュクは会社にいるドランに書類をホテルに届けるように命じて、レストランへドランを呼び寄せたのでした。

仕事を頼まれたと思ったドランは、デリュクが嘘をついて呼び出されたことを知り怒ります。

デリュクはドランと真剣に話をしたくて、呼び出したのでした。

ドランに自分は二股をかけているような悪い人間ではなく、ドランのためにお見合い相手と別れたことを告げたのでした。

 

デリュクは自分の気持ちをわかって欲しいのですが、ドランは自分がからかわれていると思い全く取り合おうとしません。

スイルはドランのことを気にかけていましたが、ある日ドランから相談に乗って欲しいと、以前に一緒に入ったうどん屋でまた2人で会うことになりました。

スイルはデリュクは金持ちの家柄だから、これからのことを慎重に考えるようにドランに言いました。

ドランはスイルの忠告を聞いて、父親ならば同じことを言ったと思うし感謝していることを伝えたのでした。

 

その後家まで送ってくれたスイルをヤンジャが見つけて、強引に家に入れてもてなそうとします。

デリュクがスイルと2人で話をしたいと声をかけて、頼み事をしたのでした。

スイルはドランと仲が良いので、二人の仲を取り持って欲しいと頼み事をするのでした。

スイルはドランが話を聞いてくれないのは、会社での立場が違うので仕方ないし、周囲の目があるので気まずいのではといいます。

さらに、軽い気持ちならやめるべきで、本当に結婚を考えているのかと問いたのでした

 

ホンシルの妹のホンジュは街で偶然仕事をしているスイルを見つけて、以前に助けらたのでお礼がしたいと誘うがスイルに断わられてしまいました。

ホンジュはアメリカ人のなき夫にスイルがよく似ているので、どうしてもまた会いたかったのでした。

 

デリュクは翌朝ドランが通勤のために乗るバスに一緒に乗り込み、信頼が得られるように努力していくと言いました。

ドランは会社で公募しているコンテストに入賞できたことを知りました。

賞金でスイルとグムビョンにプレゼントを贈ろうと考えたのでした。

ドランはワン家に訪ねると、デリュクの祖母グムビョンは外出しており家にはイリュクの新妻のダヤしかいませんでした。

ダヤは家にメイドがいないので、コーヒーをドランに入れてもらえないかと命じると、スイルは間違っているとダヤに忠告をします。

 

ダヤは怒ってしまい、誰に向かって忠告しているのかと上から目線で話しているところを帰宅した会長ジングクに見られてしまい、ひどく叱られてしまいます。

ジングクは従業員は大事に扱うように説教すると、ダヤは泣きながら実家に帰ってしまいました。

翌朝デリュクはドランの家に訪ねてきて、ダヤの代わりにドランに謝るのでした。

 

【感想】デリュクが覚悟を決めて愛の告白をしたのですが、ドランに全く相手にされず誤解されてしまいましたね!

ドランは職場の上司であるデリュクが、本気で自分のことを好きと言っているとは信じなかったのです。

偶然にも二人の会話を聞いてしまったスイルは、積極的に行動をする場面が面白かったです。

それも実の娘に悪い虫がつかないようにする父親と同じだと思いますが、ドランはスイルの本当の娘なのだから仕方ありませんよね!?

ドランの方も悩みを身近なスイルに相談しているから、二人の距離が近くなっていることがわかりました。

 

相手のデリュクも困ってしまい、スイルに相談しているのでよほど信用できる人だと思われているのですね!

2人の恋愛は身分の違いがあるので大きな障害となることが予想できますが、デリュクが積極的にモーションを掛けているのでとりあえずここは良しとしましょうか(笑)

 

ドランの母ヤンジャは就職先をホンシルの店に行ったところや、運転手のスイルを自分の家に招き入れることで、スイルの過去がそのうちわかってしまうのでないかと恐れてしまいます。

ヤンジャは夫のドンチョルがドランを引き取ったことで、仕方なく他人の子育てをさせられたのですが、ドランの父親がスイルだとわかったらさぞかし激怒するのではないでしょうか?

 

一方被害者の妻ホンシルの妹のホンジュが、スイルに近づいて来るところも、会ってはならない相手と出会うことになったのですから、運命の悪戯としか思えません。

しかし、このドラマの相関図が複雑で、スイルの過去の素性がわかってしまったら人間関係が崩壊しかねないところまで近い場所にいるのですよね!

そんな深刻な状況が迫る中でも、御曹司のデリュクはバスの中でドランにチョコレートを食べさせようと「アーンして」と強要してしまうところは、まだ自分の立場をわきまえていないですよね!?

デリュクの部屋の椅子の上に、ドランとおそろいのトドのぬいぐるみが大事そうに置かれているのを見るとホッとします。

しかし、これからどうなることやらと私も二人の運命を案じてしまうのでした。

これはいかに!?16話に続きます。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

【16話から続きはこちら⇒】

 

▼ドラマを今すぐ視聴したい方におすすめの方法を紹介します。

たった一人の私の味方の動画を日本語字幕で全話無料視聴するには?

▼たった一人の私の味方の各話ネタバレあらすじはこちらからご覧になれます。

たった一人の私の味方ネタバレあらすじのまとめを1話〜最終話まで全話!

 

マイヒーリングラブあらすじやネタバレのまとめ1話〜最終話まで全話!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です